NEWS

MD目線で決算書を読む方法を教えます?①

大阪開催が決まりました。ご興味のある方は下記リンクをクリックしてくださいm(__)m

繊研新聞社主催のMD講座。大阪開催決定!

★ブログのネタが出ないので。。。

最近。ブログのネタが全くと言っていいほど思い浮かびません_| ̄|○

 

どうしようかと悩んでいた時に、あることをふと思い出しました。

私は、ブログやトークショーなので、上場企業の決算関連資料をMD目線で書いたり、話したりしているのですが、その方法を教えて欲しいという声を、チラホラと頂戴しました。

このことを勉強会で話すのも今の段階では難しいですし、有料ブログで!!!とも考えたのですが。。。
折角半年ほど前に、弊社ウェブサイトも一新し、オフィシャルブログページも出来たのですから、顧客の皆さんへのサービスの意味合いも兼ねて、今回から。。。

 

”MD目線で決算書を読む方法を教えます?”

 

という連載を、数回にわたって記述していくことにしました。

 

本格的な決算資料分析は、公認会計士や税理士のようなプロにお任せするとして、”MD目線で決算書を読む方法”とは?どんなことなのかを以下記載しています。

 

★決算関連資料を読む順序。

今回のブログは、なるべく皆さんに理解してもらえるよう、解りやすく書くことを心がけますが、そうは言っても?やはりMD目線で決算書を読むには、条件が必要になります。それは?

 

 

① 多少の会計知識。

② 販売・MD・卸営業等の実務経験(このことが大事)

 

 

このことが必要です。

(①に関しては、繊研新聞社さんから発売されている、私の本の知識があれば十分です。是非お買い求めくださいm(__)m(笑))

マサ佐藤の「算数で極める達人MDへの道」繊研新聞社から絶賛発売中!

この①②がないと、仮説を立てたり、推理することが出来ません。その辺のことは、ご容赦頂きたく存じます。

 

まず私が決算資料を読む順序は以下のようになります。

 

①決算説明会資料②決算短信③有価証券報告書

 

この順番になります。また過去最低3~5年は資料をさかのぼって読むようにしています。

更に、月次で出される、IR情報(投資家向け広報)は、常日頃からチェックしておくと良いでしょう。

(月次の売上速報等が見られる。)

 

★何故決算説明会資料から読むのか?

では、何故1番はじめに決算説明会資料を読むのか?

 

それは字が大きいからです(笑)

 

そのこともあるのですが、決算説明会資料はパワーポイントで作成されていて、期の数字の概況。良い・悪いの理由。また、今後の事業戦略等が、大きな字でわかりやすく記載されています。

 

決算書に興味のある方は、是非この資料を読むことから始めてみてください。これを読むだけでも、かなりのことが掴めます。
しかしながら、決算説明会資料はIRの部署や経営企画部が作成していることが、多いので、その内容を盛って書いていることが多い!ということも注意しながら見ておいてください。

(この資料の良し悪しで、組織の実態がなんとなく推測出来たりします。)

 

次は決算短信です。これは、会社の財務3表である。

 

・損益計算書(PL)・貸借対照表(BS)・キャッシュフロー計算書(CF)

 

が、決められたフォーマットで記載されています。

細かい数字の概況などは、この資料を読み込むと良いと思います。
(因みに、私が最近一番興味があるのは、キャッシュフロー計算書です。)

 

最後は有価証券報告書。

これは、組織によっては、100ページ以上あるところも多く、はっきり言って真面目に読もうとすると頭痛がします。

ですから、①②で知りえなかった情報を知りたいとき?等に、目次を確認し、その資料を読めば良いでしょう。因みに役員の報酬状況を知りたいときは、これを読めば良いでしょう。

 

では、次回はMD目線で見る損益計算書について、記載していきたいと思います。

ファッションMD講義。マネジメント講義「正羽村塾」企業・個人問わず、受講受けつけております。ご興味のある方は、このサイト内のSERVICEという項目をご覧ください。
お仕事依頼は、このサイト内の“お問い合わせはこちら”のボタンをクリックしてください。

 

この記事をシェアする