NEWS

MD目線で決算書を読む方法を教えます?⑦

★決算短信を活用する

前回のブログでは、2018年2月期トウキョウベースの粗利率は1.9%前年より低下している。粗利率の低下は、セールによる在庫処理を与儀なくされた?

そのことを客数・客単価から見てみると?ステュディオス(以下ST)事業の実店舗の(買上)客数が前年の93.5%に下がっており、これは意外に深刻なことでは?と記載致しました。

MD目線で決算書を読む方法を教えます?⑥

但し、このことだけでは、限界があります。そこで、決算短信の数字を活用してみることにしました。

 

決算短信は、四半期(3か月)単位で報告されており、損益計算書の売上。粗利率を3か月単位で繋げてみることで、その組織のMDの良し悪しが解るのでは?と感じ、2017年2月期から、2018年2月期までの、売上・粗利率を四半期ごとに並べた図が下記の図です。

 

★秋冬商戦の依存度が高い?

まず、このことを見てすぐに気づくのは、秋冬商戦の依存度の高さです。
2017年2月期の第3Q第4Qの売上構成比は、61.4%あります。2018年2月期は、56.6%です。この数字は、既存店の数字ではないので、一概に鵜呑みにして良い数字ではありませんが、よく秋冬一本足打法と揶揄されることの多い、UNIQLOに比べてもその秋冬商戦の依存度は高いと言えるでしょう。

 

 

★2018年2月期粗利率低下の要因は?

次に粗利率の推移です。第2QはSSのセール時期。第4QはAWのセール時期に当たるため、当然その時期の粗利率は、低くなります。

しかしながら、粗利率が53.1%だった2017年期は、第2Q・4Qとも粗利率は、50%以上の水準を維持していますが、2018年2月期の第2Q・4Qの数字は、50%を割り込んでいます。

 

更に気になるのは?2018年2月期の第3Qの粗利率が、前年同時期よりも、2.5%も下がっているのは?何故?ということです。

 

第3Qは、時期としては9月~11月に当たります。上記で述べたトウキョウベースの特徴を考えると、一番粗利率を稼ぎたい時期に当たる筈です。

★2018年2月期SS商戦の失敗が尾を引いた?

しかしながら、粗利率が前年より2.5%下がるということはどういうことなのか?考えられることは、2018年2月期SS商戦のMDの失敗です。

 

9月の平均気温は6月末~7月上旬の気温とさして変わりません、ということは?
2018年2月期の春夏商品の在庫が多く余ったのでは?と推測されます。

 

実店舗はどのような施策を打ったのかは、定かではないですが、前回のブログで述べたように、トウキョウベースのEC事業はアウトレット機能も有しているのでは?と推測され、9月・10月に2018年2月期のSS商材が多くECで売れたのでは?推測されます。
そう考えると、本来単価が良い秋冬商品を売りたい時期に、持ち越したSS商材がセールで多く売れ、2018年のSTのEC事業の客単価が、前年比78%にまで下がったことに影響したのでは?とも推測できます。

★商品在庫は、決算短信を見ればわかる。

しかしながら、この情報だけでは、まだ仮説としての精度が低いのも事実です。

そこで💡冒頭申しました、決算短信には貸借対照表(BS)も記載されています。BSには、棚卸資産が記載されています。しかしながら、棚卸資産には、仕掛品や資材も含まれます。
ですが、トウキョウベースのBSを見ると、商品と記載されています。これは、商品在庫と考えても間違いありません。

 

そこで、次回のブログでは売上・粗利の情報の他に、在庫をくっつけて考えてみて、2018年2月期のトウキョウベースの粗利率減の要因は何なのかを、もっと具体的に検証しています。

ファッションMD講義。マネジメント講義「正羽村塾」企業・個人問わず、受講受けつけております。ご興味のある方は、このサイト内のSERVICEという項目をご覧ください。
お仕事依頼は、このサイト内の“お問い合わせはこちら”のボタンをクリックしてください。

この記事をシェアする