NEWS

ごまかせる数字で管理はしてはいけない?

★敢えて”点数”で表現する理由

今年ももうすぐ終わりを告げようとしています。

今年は多くの人々に”MDに関する講義”の機会を与えて頂きました。本当にありがとうございますm(__)m

 

講義の内容は同じでも、聴く人によって事情が異なりますから、その本質を伝えるには、都度都度喋り方・伝え方等も変えていかねばならず、ない頭をフル回転させましたが、来年はさらに”わかりやすく伝える”ことを意識し、努力し続ける所存でございます。

 

そんな講義ですが、私は敢えて金額の件を話さずに、数量を用いて説明する場面があります。理由としては。。。

・(相手に)わかりやすく説明するため。
・(相手に)商売の実感をもってもらうため。

 

です。

しかし、実はこの売上・在庫数量という数字は、皆さんが思っている以上に大事な項目です。

それは何故か??

 

”見た目と数字が一致する、ごまかしようのない数字!!”

 

だからです。
実は在庫回転率等は、数量で計算することが一番現実に近い数字が算出されます。

 

★点数管理だけでは大事なことは解らない?

このアパレル小売業には、様々な指標やルールが存在しますが、そのMD等の管理ルールは”ごまかしようのない数字を使用すべき”です。

しかしながら、現実的に数量管理ばかりでは、”売上金額”や”粗利金額”等が見えないため、数量の次のごまかせない数字として、”原価”管理を用いる。ということがベターでしょう。
(売価管理でも問題のない組織はあるが。。。)

 

★原価管理にも弱点が??

ですが、この原価管理にも弱点はあります。

例えば、棚卸等を境に商品の鮮度が落ち、商品の”原価”を下げ、その分を”売上原価”に加算し、損失を計上する。という”評価減”評価損”という手法があります。
このケースの場合は、ある一定の期間から商品の原価価格が変わってしまうので、数量のように絶対に変えらない数字ではないということです。

だからこそ、評価減・評価損を実行する場合は、組織として事前にルール設定を厳密に決めておく必要があります

 

また、原価で仕入予算を作成する場合にも弱点があります。

 

例えば。。。
→事前の想定原価率を40%として設定し、仕入原価予算が1億円。平均元売価5,000円の組織のケースでは??
2億5千万円の仕入売価予算になります。ということは?5万点の商品点数を仕入れることができる!ということです。

 

しかし、組織の努力で、結果的に仕入原価率が38%になった場合。仕入原価予算1億円を全部使いきれば??約2億6316万円の仕入売価予算になり、約2,600点以上多くの点数を仕入れることができる!ということになります。その場合は、予算金額を使いきらずに、仕入点数を調整しなければならない!ということです。

 

 

ということは、結果的に金額だけではなく、点数でも仕入・在庫等の管理をしておくことが重要だということになります。

 

★ごまかせる指標は使い物にならない!

最後に。この業界では、プロパー消化率等
”(人の)解釈で変えられる指標!”
を取り入れている組織が多くあります。

 

しかしながら、そのような”ごまかせる指標”を使用したしても、組織の本当の実力や立ち位置を反映させているものではなく、場合によっては、ずる賢い面々に出世の道具として利用されるだけです。

であるならば。。。自分たちの組織の特徴に沿ったうえで、”ごまかしようのない数字”を指標として使用する!!このことが、この業界に早急に求められていることではないでしょうか。

 

 

ファッションMD講義。マネジメント講義「正羽村塾」企業・個人問わず、受講受けつけております。ご興味のある方は、このサイト内のSERVICEという項目をご覧ください。

お仕事依頼は、このサイト内の“お問い合わせはこちら”のボタンをクリックしてください。

 

この記事をシェアする