ファッションビジネス ・リテールMDアドバイス ・マサ佐藤

MENU

ファッションビジネス ・リテールMDアドバイス ・マサ佐藤

INDUSTRY ISSUES

業界課題

ISSUES POINT 1

在庫過多問題

国内アパレルは現在、多店舗展開による供給過多に陥っており、年間20億点もの商品が余っている状況です。昨今ではブランドがECを展開するのも必須になってきていますが、こちらもまた消化率が非常に悪く、在庫を増やす原因の一つになっております。

この事態を受けて、業界では「サステナビリティ」を唱え、大量生産・大量消費に対するカウンターのような運動が巻き起こっています。ですが、本当にこのような動きが正しいと言えるのでしょうか?

MDの観点から見ると、大切なのは「適切に売れる商品を売れる分、生産(仕入れ)する」事こそがサステナビリティな事業だと言えます。供給過多による膨れ上がる在庫の原因は「MDの精度」によるものです。

ブランドビジネスを継続的なものにしていくのであれば、正しいMDの知識を身につける事が重要だと考えます。

ISSUES POINT 2

間違った指標やスキームを活用している問題

国内アパレルでは、古くから使われているスキーム(52週MDなど)や指標(プロパー消化率など)が多く存在します。しかし、それらが本当に機能しているのか、もう時代背景に合わなくなっているのではないかの検証が行われておりません。技術をアップデートしないコンサルタントも一因ではありますが、ブランドがおかれている環境によって課題は大きく変化するものです。

今、自社が抱える課題は何なのかを抽出し、そこに対して適切なKPIを設定する。

このような当たり前の事をちゃんとやる事によって現場の数字は改善されていくのです。

CONTACT US

小売ビジネスに関するMD(品揃え政策)アドバイス・サポートを
ご希望の方はお気軽にお問い合わせください。

お問い合わせはこちら