ファッションビジネス ・リテールMDアドバイス ・マサ佐藤

MENU

ファッションビジネス ・リテールMDアドバイス ・マサ佐藤

アパレルECにてGA4のデフォルトチャネルで注意すべき点

7月からユニバーサルアナリティクス(以下、UA)がストップし(ていないのですが)、本格的にGA4を使い始めている方が多いかと思います。筆者が確認する限り、UAの時に最も使われる頻度の高かったレポートが、

集客→すべてのトラフィック→チャネル

なのですが、GA4の場合は似たようなレポートで言いますと、

ライフサイクル→集客→トラフィック獲得

がございます。プルダウンから「セッションのデフォルトチャネル」や「セッションの参照元/メディア」を選択し、流入経路別の効果検証をする、という流れなのですが、この「セッションのデフォルトチャネル」の分け方が個人的にはかなり微妙でして、現場でも誤解を生みまくっています。そこで今回は、「アパレルECでよく使われる機能がどのチャネルになっているのか?」について簡単に記載しておきたいと思います。

■instagramのショッピング機能は「Organic Shopping」

まず誤解されるデフォルトチャネルのナンバー1はこちら。UAの時はinstagram経由は全て「Social」としてカウントされていましたので、こちらも当然のようにOrganic Socialにカウントされていると思い込む方が多いのですが、インスタのショッピング機能はOrganic Shoppingです。

(ヘルプに書いてある「参照元 – ショッピング サイトのリストに一致」という表現、曖昧すぎんか…?)

アパレルECではもはや使わないショップは無いと思いますので、デフォルトチャネルだけで検証せず、しっかり参照元/メディアで確認しておきましょう。

■無料広告はカートによってチャネルが変わる

先ほどの画像で既に違和感があった方も多いかもしれませんが、デフォルトチャネルがOrganic Shoppingなのに、参照元/メディアが「google / organic」になっているケースが見られたかと思います。こちらは恐らく皆様の認識通りGoogle広告の無料リスティングになるのですが、参照元/メディアがこの文字列ならOrganic Searchとちゃうんかい!となりますよね。これに関しては、

キャンペーン名にこちらの文字列が適用されますとOrganic Shoppingになります。(マーチャントセンターの自動タグが原因ですね。)もはやレポート機能のセカンダリディメンションだけでは確認不可。探索でデフォルトチャネルと参照元/メディアとキャンペーンのディメンション追加して検証してください…。

ちなみに我らがShopifyに関しては、Googleチャネルからマーチャントセンターと連携が簡易にできるのですが、それが原因で参照元/メディアとキャンペーン名が下記になります。

参照元/メディア:google / product_sync
キャンペーン名: sag_organic

で、これのせいで

なんとShopifyに限ってはOrganic Searchに格納。ええ加減にせえよ。

更に更に、注意点としてはShopifyのストア分析はGoogle広告の自動タグを検出しないせいで、ショッピング広告と無料広告を分けて検出するのが不可。

こちらはショッピング広告を出稿しているショップのストア分析の状況ですが、全てこの文字列でカウントされる始末。しかし同じショップのデータをGA4で確認しますと、

こちらのように広告と無料リスティングで参照元/メディアが分けられます。そんな訳でショッピング広告経由の効果をShopify側から検証したい、という希望は儚くも消え去るのでした。(多少は確認できます。)

■SNS広告も文字列によってチャネルが変わる

わかりやすい事例があるので掲載しておきます。上記のように、SNSの文字列が入った上で、campaign mediumにcpcとかpaidが入るとSNS広告としてカウントされております。余計な文字列が入ったとしても、「instagram」という文字列さえ検出されるとOKなようですね。こちらもヘルプを確認する限りは、

これでどう判断するのか本当不明なんですよね…。「Google側が想定していない文字列 /cpc」という組み合わせはPaid Otherにカウントされておりますので、tiktokはGoogleは認めていないようです笑

SNS広告に設定するUTMパラメータを適当な文字列で付けている代理店さん多いのですが、ルール作らないとひどいことになりますね。お気をつけください。代理店はちゃんと仕事してください。

■LINEはどこに格納する?問題

これに関してはUA時代から変わらずですが、LINEをそのままの文字列でcampaign mediumに設定してしまうと「Unassigned」にカウントされてしまいます。カスタムチャネルで新しいチャネルを作成するのが適切でしょう。たまにcampaign mediumに「push」と設定し、「LINE / push」のような参照元/メディアになっているショップも見かけますが、こちらはMobile Push Notificationsというデフォルトチャネルにカウントされます。WEBビューのモバイルアプリのプッシュ通知用のチャネルなのでしょうが、モバイルアプリを運用していない場合は使わないので、その場合はこちらを利用しても良いかもです。

 

いくつか、代表的なものを挙げましたが、細かいところではもっとややこしい点はあります。何となく言葉の響きだけで判断していると、全く想定していないデータが紛れ込んでいることもあるのでお気をつけください。あまりにも使いにくい、という事でしたらカスタムチャネルで細かく設定して、そちらを活用するのも良いでしょう。現場がかなり混乱しているのは存じておりますので、お困りの方は是非ご相談くださいませ。(ご相談はこちらまで。)

この記事をシェアする

RANKING POST

1

2020.07.07

大量生産と過剰供給は別物
2

2021.10.29

YouTubeは稼げるのか?!YouTube登録者1,000人のリアルな収益を発表
3

2020.04.27

EC・通販専業ブランドも標準店舗の概念が必要なのでは?

NEW POST

2024.05.16

オンワードのEC売上はどう推移している?

2024.05.14

文化服装IMD科での4年間を振り返って

2024.05.10

返品した時に「え?確認しなかったんですか?」と言われた話

2024.05.09

「無難な提案」は意外と効く

2024.05.07

4月の気温(東京)とアパレル上場各社の売上はどうだったのか?

CONTACT US

小売ビジネスに関するMD(品揃え政策)アドバイス・サポートを
ご希望の方はお気軽にお問い合わせください。

お問い合わせはこちら

TRADINGPERFORMANCE

取引実績