ファッションビジネス ・リテールMDアドバイス ・マサ佐藤

MENU

ファッションビジネス ・リテールMDアドバイス ・マサ佐藤

2020年、働くMAME的ベストバイ

こんにちは、働くMAMEです。皆さんがこのブログをご覧になる頃はすっかり年末ムードに突入しているのではないでしょうか。

普段はアパレル業界や転職について書いてきたのですが、年末なのでたまには趣向を変え(と言うかマサ佐藤氏の投稿をパクって、、、)「2020年、働くMAME的ベストバイ」をお届けしたいと思います。ファッション以外のカテゴリーについても書いておりますので、皆さんの華麗なる消費活動の参考になればと思います。2021年も経済回してまいりましょう。

 

◯ファッション的ベストバイ:NANGA AURORA STAND COLLAR DOWN

今年リリースになったNANGA AURORA DOWNのスタンドカラーバージョンです。

とにかくあったかい、機能的!普通なデザインの中に必要なディティールが全て詰まっています。実は別注のNANGAダウン(モンスターパーカ型)を持っていたんですが、マフポケットがなくショルダーのダウン量も少ないため、手と肩が冷たいという致命的な弱点がありました。それを売っぱらってコレに変えてからは全てが解決、良いことづくめです。やっぱりレギュラー品にこそ真髄は宿るのですね。

 

◯スニーカー的ベストバイ:NIKE AIR REVADERCHI

プレ値がつくタイプのスニーカーではないのですが一部の好事家から支持を得ている、いわゆるカルトスニーカーです。キャンプ用に購入。

オリジナルは92年のリリースで、これは中古で復刻品です。当時としては革新的だったAIRとハラチシステムを搭載し、旧来のアウトドアスニーカーとは一線を画すデザインからREVADERCHI (お先に失礼!)という名前までつけたのに、まさかの大ゴケ。売れ行き不振で歴史から消え去りそうだったのですが、ヒップホップカルチャーからの支持やドメスティックブランドとの別注で奇跡的に再評価を得ることになります。先述の通りキャンプ用に購入したのですが、同僚から「なんですかその靴!?」と言われることが多く、1軍昇格することに。

 

◯レザーシューズ的ベストバイ:Tricker’s BOURTON(キルトパーツ付き)

言わずと知れたイギリス靴の定番中の定番、BOURTONです。

これも実は以前購入したことがある商品です。前職時代に行ったロンドンでパープルのBOURTONを購入したのですが、黒も欲しくなり「SAME SIZE、SAME MODEL、BLACK PLEASE!!」とアホのような英語で懇願し、現地購入。しかし、帰国後履いたらまさかのラスト違い。全然違う履き心地に耐えられなくなり、結局売っぱらってしまいました。写真のキルトパーツは黒用に買ったので、いつか買い直して履きたいと思っていたら、中古でほぼ新品のものと遭遇。皆さんご存知の通りかなり堅い履き味ですが、じっくり育てていきたい一足です。

 

◯ツール的ベストバイ:MacBook Air 11inch

メインのMacbook Proのサブ機として中古で購入。なんだか中古ばっかですね汗。

当初は(世を忍ぶ仮の姿である)DJ使用を想定していたのですが、コロナに突入してからは専らブログ用になってしまいました。とはいえ、想像以上に軽く速い!今は無きリンゴマークが光る仕様もお気に入りポイントです。というのも、青春時代にDTM(パソコンのみで楽曲を制作をするスタイル)の黎明期を体験した自身にとってはリンゴマークが光るのが何ともメランコリーな仕様として感じられるのです。暗い中でリンゴマークが光っているのを見ると、クラブに来たような、、、これから楽しいことが起こるような、、、そんな気がしてくるんです 笑

 

◯ギア的ベストバイ:DURCUS ONE H-STREET

今年買って良かったもので1番の実用枠。24inchのBMXの定番H-STREETです。

W-BASEさんで購入。もともと学生時代から自転車は好きで色々乗ってきたんですが、いい歳なのでそろそろゆったり乗れるものをということでこちらを選びました。しかし、実際乗ってみると乗り味は軽く、意外とスピードが出るので往復20キロ圏内だったら全然これで行っちゃいます。電動自転車に大金払うくらいなら、半額以下でこっちに乗った方がよっぽど優雅な気持ちになれます。今はトリックなどできないのですが、うまくなったらパーツも買っていきたいと思います。

 

◯最後に

今回は普段と全然違う内容かつタッチでしたが、ベストバイ楽しんでいただけたでしょうか。

コロナの第三波などアパレルはまだまだ予断が許されない状況ですが、楽しい買い物、豊かな生活を送る上での参考になれば幸いです。

まもなく2020年も終わろうとしていますが、どうか皆さん良いお年をお過ごしください。

来年もよろしくお願いいたします!

この記事をシェアする

RANKING POST

1

2020.07.07

大量生産と過剰供給は別物
2

2020.04.27

EC・通販専業ブランドも標準店舗の概念が必要なのでは?
3

2020.08.04

画面ばかり見てないで現実を見よ!

NEW POST

2022.10.04

今年の冬商戦はどうなるのか?勝手に考えてみた。

2022.09.29

ブランドの属性やショップの業態によってKPIは大きく変わるというお話

2022.09.27

「熱意ってやっぱり重要だよな~」という話

2022.09.23

2022年秋最新版/韓国トレンドリサーチ

2022.09.15

初心者が確認しておくべきアパレルECのKPIについて – GA4編②

CONTACT US

小売ビジネスに関するMD(品揃え政策)アドバイス・サポートを
ご希望の方はお気軽にお問い合わせください。

お問い合わせはこちら

TRADINGPERFORMANCE

取引実績