ファッションビジネス ・リテールMDアドバイス ・マサ佐藤

MENU

ファッションビジネス ・リテールMDアドバイス ・マサ佐藤

今年も1年ありがとうございますm(__)m

2018年ももうすぐ終わりを告げようとしています。

来年は2019年。そして、平成も終わる。

ふと気づくと、私も髪の毛は白髪だらけ、たまに耳毛を発見する。そして、脳のレスポンスは落ち、人の名前をすぐに覚えられない。初老に足を突っ込む年齢となりました。

 

振り返ると弊社も5期目に突入しており、来年は6期目になるわけです。
よくもまあ、ここまで生き残ってこれたと思います。

先日、弊社の過去の決算関連資料を見直していたのですが、その数字を見ると背筋が震え上がります。

こうして、なんとか5年も生き残れているのは、ひとえに家族の支えがあったからこそです。(とは言いつつも私に嫁はいない(笑))

 

この5~6年。私の言っていること。していること。軸は何も変わりません。

ですが、今年はアパレル小売業以外の小売業の方々と仕事をともにさせて頂ける機会が多く、私自身も”手段”に拘らず、”目的”を見据え、その都度の”最適”を考える。という面においては、多くの学びを得ました。

 

また、繊研新聞社さんの協力で、講義をさせて頂きましたが、色んな業種・職種の方々と知り合う、話す機会も増え、どのような形・組織でも、”顧客に喜ばれる”ことを考える姿勢は、皆同じなのだなぁと改めて感心もさせられました。

 

2019年。平成から新しい年号に変わり、どのような時代になるのか???全く想像つきませんが、ぶれずに小さいことからコツコツと地道に生きていたいと思います。

では、皆さん。良いお年を(@^^)/~~~

 

 

ファッションMD講義。マネジメント講義「正羽村塾」企業・個人問わず、受講受けつけております。ご興味のある方は、このサイト内のSERVICEという項目をご覧ください。

お仕事依頼は、このサイト内の“お問い合わせはこちら”のボタンをクリックしてください。

 

この記事をシェアする

RANKING POST

1

2020.07.07

大量生産と過剰供給は別物
2

2020.04.27

EC・通販専業ブランドも標準店舗の概念が必要なのでは?
3

2020.08.04

画面ばかり見てないで現実を見よ!

NEW POST

2022.06.24

速報23SSレディースに使えるメンズTREND

2022.06.21

ショップで売れ筋商品の在庫はどのくらいあれば良いの?

2022.06.16

ポップアップショップはEC運用でどう利用する?

2022.06.14

粗利率と在庫回転率向上の両立は難しい?

2022.06.10

契約書、結んでますか?

CONTACT US

小売ビジネスに関するMD(品揃え政策)アドバイス・サポートを
ご希望の方はお気軽にお問い合わせください。

お問い合わせはこちら

TRADINGPERFORMANCE

取引実績