ファッションビジネス ・リテールMDアドバイス ・マサ佐藤

MENU

ファッションビジネス ・リテールMDアドバイス ・マサ佐藤

謎なインタビューを紐解いてみる~後編~

★前回のブログで3つの疑問点を掲げた。

前回のブログでは、ストライプインターナショナルのインタビュー記事から見える疑問点を、3つに纏めました。

更に、インタビュー記事の数字から、連結ベース売上での、仕入削減前のOFF率を算出してみると?約25.3%という数字になり、ストライプインターナショナルの店頭等のセール過多から考えると違和感がある。ということを記載しました。

(上記疑問点等詳しいことは、以下の前回のブログでご確認お願い致しますm(__)m)

 

謎なインタビューを紐解いてみる~前編~

★この仕入金額は単体の数字ではないのか?

そこで、2018年1月期の決算公告の数字から、単体での売上920億円でOFF率を算出してみると?

 

”株式会社ストライプインターナショナル
第 23 期決算公告(2018年1月期)”

http://www.stripe-intl.com/common/pdf/ir201804.pdf

 

((1,780億円ー920億円(OFFした額))÷1,780億円(元売価仕入金額)≒48.3%(OFF率)

 

となり、②の疑問点で述べらている仕入金額の数字は、連結ベースで話した売上とは違い、単体での数字ではないのか?という仮説が立ちます。

 

事実、決算公告の数字から以下のような推測が成り立ちます。

 

・粗利率は47.5%という低い数字。業界で囁かれている値入率との差が大きいと推測され、OFF率が高い筈。

・年間売上原価483億円。決算在庫40.6億円。ということは、在庫回転率が高いのは間違いない。

・在庫回転が良いということは、売上点数が多くなる施策をしている。それがセール。

・店頭のOFFの状況を見ていると、OFF率が25.3%というのは無理がある。

 

以上の点から。
今回のインタビューでは、売上は連結ベースで話しているが、小売りベースでの仕入金額の話は、単体の売上ベースで話している?という、可能性が高いと言えるでしょう。

 

★AIでなくとも、人ですぐに解決できる問題でねえか?

最後に③の疑問点に関する考察です。
もうここまでくると、正直。なんの数字のことやらサッパリわかりません(笑)

 

しかし、よくよく記事を見ると、この件は、アース事業の19年1月のことに限定されています。

1月はセール真っ只中。そして、2018年1月期での粗利率47%の組織が、いくら値引きを削減しようが、セール時期の一番粗利率がへこむときに、粗利率54%行く筈もないので、値引き率のことを言っているのは間違いありません。

 

またアースの19年1月期の粗利益が2倍になったという発言は、俄かに信じがたいことです。しかし、このことが事実であるのならば。

 

2018年1月期のオフ率が高すぎで、低くなった粗利高と言えども、仕入削減によるオフ率の改善だけでは、期(年間)の粗利益が倍になる!というのは、厳しい筈なので、同時に商品の値入率が、2018年1月期より高い数字になった可能性があると推測されます。

更に店舗数が増加していれば、その影響もあるでしょう。

(もし、仮に仕入点数を減らした上で、値入が良くなっていたとしたら、怖いものがあるが。。。)

 

 

結果。どんな解釈をしても、ストライプインターナショナルのOFF率は高い!という結論になります。

 

それにしても、どうしてこの人は、色んな引き出しから数字を引っ張り出してくるのでしょうか?

 

記事では、AIによるデータ分析が在庫圧縮に功を奏したと記載されていますが、これ単純に。

 

今までが、仕入し過ぎだっただけの話ではないでしょうか?

 

これでは、AIによるデータ分析云々よりも、そもそものMD予算設計がおかしい。稚拙だということ。

また、マーチャンダイジングにおける重要な仕事である、”売価設定”に関することが、顧客からみて”適格”でない!と判断されている可能性が高いと言えるでしょう。

 

このような記事は、AIによるデータ分析で、組織の問題を一発で解決できる!という誤解を与えるものであり、アパレル・ファッション業界にミスリードさせるものでしかありません。

 

そもそも、難しい局面を打開するには、日々の地道な努力・積み重ねでしかなく、なんでも都合よくテクノロジーの進化が物事を解決してくれるわけではないのです。その辺のことを、この業界もいい加減気づくべきなのではないでしょうか?

 

最後に一言。このようなインタビューを掲載するのならば、記者にもしっかりと知識を身につけて、もっと突っ込んだ質問してよ!ということを切に願い。今回のブログは終了します。

MSMD & Co.,Ltd
MSMD & Co.,Ltd Twitter
弊社への問い合わせ・仕事依頼はこちら

この記事をシェアする

RANKING POST

1

2020.07.07

大量生産と過剰供給は別物
2

2020.04.27

EC・通販専業ブランドも標準店舗の概念が必要なのでは?
3

2020.08.04

画面ばかり見てないで現実を見よ!

NEW POST

2021.10.19

自社商品を愛する精神がMDには必要?

2021.10.14

最近見た怪しいニュースの感想

2021.10.12

週別の気温の推移を知っておくと役立つ?

2021.10.08

vol.19 「細かすぎる」と言われる男の話

2021.10.04

「メール見てないんですか?」は地雷原。

CONTACT US

小売ビジネスに関するMD(品揃え政策)アドバイス・サポートを
ご希望の方はお気軽にお問い合わせください。

お問い合わせはこちら

TRADINGPERFORMANCE

取引実績

BEAMS(ビームス)
株式会社 聖林公司
株式会社 千趣会
繊研新聞社
株式会社ベイクルーズ
文化服装学院
株式会社Welleg(ウェレッグ)
無印良品
フィットネス市場
クリーデンス
株式会社コポ
株式会社StylePicks
株式会社ブリッツワークス
UNIVERSAL OVERALL
株式会社トラヤチェーン