ファッションビジネス ・リテールMDアドバイス ・マサ佐藤

MENU

ファッションビジネス ・リテールMDアドバイス ・マサ佐藤

フリーランスのファッションデザイナーって何?

私はフリーランスのデザイナーとディレクターをしているのですが、最近異業種の方から

“そもそもフリーランスのファッションデザイナーって具体的にどんなことをしているの??”

と聞かれることが増えました!

働き方が多様化し、フリーランスという言葉をよく耳にするもののファッション業界に置き換えた時に、

イマイチイメージがつかない方も多くいらっしゃると思います。

 

そこで今回はリアルに自分の経験も交えつつ下記の2点に絞ってお話ししたいと思います!

①最新のファッション業界のフリーランスの形態って?

②今後フリーのデザイナーはどうなっていきそうか?の予想

 

①最新のファッション業界のフリーランスの形態って?

※これはあくまでも個人的に感じることなのですべてではありません。

 

 

②今後フリーのデザイナーはどうなっていきそうか?の予想

今ですと①で述べたようにA,B,Cとステップを踏むか、どれか一つに集中して仕事をする方が多いと思います。

ただ今後は個人的には大きく分けて2つの流れがあると思っています。

.A,B,Cのなかで組み合わせをする。

例えば個人的にはA安定型で収入得つつもC発信型を組み合わせて勉強会で知識をシェアしたり第3者の目線で相談者の課題解決をすべてオンラインで行いたいなというアイディアがあります。

もしくはB起業型+C発信型(自分で事業立ち上げて発信もして相乗効果。Youtuberに多い)もありですし、

A安定型+B起業(安定収入得つつ自分のブランド持つ等)もすでにいらっしゃるかもしれません。

.なるべくオンラインで完結する事を心がける。

このご時世でなくても、いつ何が起こるかわからない。

なのでどんな場所でも仕事が可能な様に準備を少しずつ進めていく必要があると思っています。

また日本だけではなく世界中にチャンスを広げるためにもこの動きは加速していくと思います。

デザイナーにとってはチャンスといえるのではないでしょうか。

 

フリーランスと一言で言ってもいろんな働き方が有ります。正社員だから、契約社員だから

“生涯安定”は無い時代です。

だからといって皆んながフリーになり復業や副業をする事が正解でも有りません…。

答えはいくつもあり、自分に合う合わないは自分で試してジャッジするしかありません。

ただし確実に言えるのは自分次第で仕事のやり方の選択肢は広がる!という事です。

それは昔に比べてファッション業界の中で格段に良くなった点だなと感じています。

のためにも小さな一歩として、週1回でもこのmsmdブログを読んだり

(本当に皆さんの知識は使えるものばかり!)月1回でも自分のキャリアや仕事のやり方についてゆったりとカフェで考えてみるのもおススメです。☕☕☕

 

 

自分が今フリーとしてもお仕事できるのは、周りの方の協力あって成り立っているし、

好きなファッションの世界に少しでも何か還元できたらいいな!と思っているので

これからも発信していきたいなと思っています。

 

 

 

🐓Twitterで毎日お仕事に役立つことつぶやいてます🐓

https://mobile.twitter.com/namco0000

 

この記事をシェアする

RANKING POST

1

2020.07.07

大量生産と過剰供給は別物
2

2020.04.27

EC・通販専業ブランドも標準店舗の概念が必要なのでは?
3

2020.08.04

画面ばかり見てないで現実を見よ!

NEW POST

2022.11.29

整理整頓のススメ(2回目?)

2022.11.22

売上が低迷しているときに局面を打開するには、商品を仕入なければ打開できない?②

2022.11.17

アパレルECでメルマガの効果を検証する方法

2022.11.15

売上が低迷しているときに局面を打開するには、商品を仕入なければ打開できない?

2022.11.11

「見られている」という意識がファッション産業には欠かせない

CONTACT US

小売ビジネスに関するMD(品揃え政策)アドバイス・サポートを
ご希望の方はお気軽にお問い合わせください。

お問い合わせはこちら

TRADINGPERFORMANCE

取引実績