ファッションビジネス ・リテールMDアドバイス ・マサ佐藤

MENU

ファッションビジネス ・リテールMDアドバイス ・マサ佐藤

速報23SSレディースに使えるメンズTREND

今回の内容は、

❶Preppy×〇〇が重要!

❷デザイン性のあるパンツの開発急務

❸ジャケットは幅広い層&テイストにおススメ

❹6/24日時点の参考ブランド5選

❺NEXTヒットの差し色は何色?

 

 

❶Preppy×〇〇が重要!

 

❷デザイン性のあるパンツの開発急務

これは一例ですが、ぱっと見でインパクト&価値のわかりやすい

加工物のデニムやアウトポケット付きなどフックのある
ディティールのボトムが目につきました。
ECでも映えそうですし、薄着の季節はサラッと一枚で合わせやすいので
意外に着回しも効きそうです。
あくまでも推測ですが22春夏のレディースmiumiuの影響は大きく
ジェンダーレスの流れもあって男女共通で
デザイン性の高いローライズの ボトム(パンツ)のトレンド兆候が見られます。 
そこまでずるッとさせないけどインナーチラ見せなど…

 

ちょっと強めですがドルガバのデニムもかなり印象に残ります。
パンツは全体的に股下が長めのちょっとダボついたシルエットが旬!

❸ジャケットは幅広い層&テイストにおススメ

❷のデザインボトムのようなクセのあるパンツも、
すっきりとしたテーラードを合わせた相反するスタイリングが気になります。
こちらは最近人気のOurlegacyのもの。



ドルガバやFENDIでもオーバーサイズ過ぎない
肩回りに特徴のあるジャケット類が目を惹きました。
あまりオーバーサイズなものよりはセットインかそれに近いものが
新鮮な印象です。
シャツを重ねるスタイリングは引き続き続きそう。
懐かしいちょっと大きめの襟が新鮮。
こちらはFENDIです。

 

こちらもFENDIのもの。
肩にさりげなく入っているスリットが程よい抜けを作ってくれています。

 

メンズのハーフパンツ&ショートパンツは今年もよさそう。
我々アジア人がサラッと着こなせるようなイケている企画を
生み出したいです。

❹6/24日時点の参考ブランド5選

ミラノが多めですが現時点でリアルに企画に活かせそうなブランド5選です。
パリが終わり次第またこのあたりは更新していきたいと思います。


ブルーマーブル

都会的にヒッピー+スポーツを体現している稀有なブランド。 
デザイナー本人自らエクストリームスポーツ好きを公言しており
説得力がある。

https://www.vogue.com/fashion-shows/spring-2023-menswear/bluemarble

D&G

言うまでもないですね。
今回の90年代のアーカイブを再構築したコレクションは、
アラサー&アラフォーはもちろん一周回って
20代のファッション好きに
刺さるのでは…?と個人的に思います。
https://www.vogue.com/fashion-shows/spring-2023-menswear/dolce-gabbana

Our legacy

スタリングの逸脱さやバランス感が絶妙で真似したいけど
実は一番難しいハイレベルなブランド。
全身このブランドで固めても嫌味がなさそうな計算された組み合わせ。
https://www.vogue.com/fashion-shows/spring-2023-menswear/our-legacy

 

MGSM

プールサイドヒッピーを一番うまく表現している。
日本だとあまり人気が?そこまでないのかな…?
でもとても取り入れやすくて個人的にはツボ。
https://www.vogue.com/fashion-shows/spring-2023-menswear/msgm

Egonlab

若手のブランドの中で一番好きなEgonlab.
写真左側がFlorentin Glémarec/右側がKevin Nompeix
チャーミングで素敵なデザイナーデュオです。

まさにこういう格好がしたい…!の宝庫。
https://www.vogue.com/fashion-shows/spring-2023-menswear/egonlab

 

❺NEXTヒットの差し色は何色?

これから23春夏を企画するにあたり重要なのはやはり差し色。
ポイントになる色を計画的に出していくことが重要です。
23春夏に注目されるのでは…?の予想は
こちらで近日中に更新します。
是非フォローしていただけると嬉しいです。

【トレンドやお仕事に関するご質問はこちらで受け付けております】
弊社では、リブランディングや企業様と新規ブランドを立ち上げるなどのお仕事をさせていただいております。
ご質問は会社のコンタクトページ

https://www.akimjapan.com/contact

からお願いします。

また下記のSNSでトレンドも発信しております。フォローいただけると嬉しいです。

Twitter(DMでのお問い合わせもお待ちしております。)

https://twitter.com/mitomingdesign

instagram

https://www.instagram.com/chkmtm/

 

それではまた!

三戸見

この記事をシェアする

RANKING POST

1

2020.07.07

大量生産と過剰供給は別物
2

2020.04.27

EC・通販専業ブランドも標準店舗の概念が必要なのでは?
3

2020.08.04

画面ばかり見てないで現実を見よ!

NEW POST

2022.09.29

ブランドの属性やショップの業態によってKPIは大きく変わるというお話

2022.09.27

「熱意ってやっぱり重要だよな~」という話

2022.09.23

2022年秋最新版/韓国トレンドリサーチ

2022.09.15

初心者が確認しておくべきアパレルECのKPIについて – GA4編②

2022.09.13

プロパー消化に拘りすぎると在庫が増加しがちな件

CONTACT US

小売ビジネスに関するMD(品揃え政策)アドバイス・サポートを
ご希望の方はお気軽にお問い合わせください。

お問い合わせはこちら

TRADINGPERFORMANCE

取引実績