ファッションビジネス ・リテールMDアドバイス ・マサ佐藤

MENU

ファッションビジネス ・リテールMDアドバイス ・マサ佐藤

マサ佐藤の2023年買って良かった物


 

年も明けまして、そこそこの日数が過ぎてしまいましたが、記事にするネタが思い浮かばないのと、弊社でブログを執筆して頂いている働くMAMEくんもワダアサトくんも、年末にベストバイ的な記事を書いていましたので、久しぶりに私の「2023年買ってよかった物!」と称して、記事をお届けします。今回は紹介する商品は、あくまで私のお気に入りということで、とくに意図的なものはありませんm(__)m。(下記は働くMAMEとワダアサトくんのベストバイ記事)

働くMAME的ベストバイ!2023AW

ワダアサト的2023年”ベスト・ワーストバイ”

★セリアのウォールバー

私の部屋には、昔のCD・レコードがそこそこあります。(レコードは減ってしまったが。。。)昨今は、以前よりも音楽を聴かくなくなったので、その収納に困っていました。特にレコードは、数は少ないながらも場所をとるので、その収納法に悩んでいたところ、ネットでレコードジャケットをオサレに飾りつけている記事を見つけました。調べたところ、100均のセリアで販売しているウォールバーを活用しているとのことでしたので、すかさず溝の口のセリアに足を運び購入し、飾りつけをしたのが以下の画像です。

個人的には大満足な仕上がりになったのですが、一つだけ難がございまして、2枚組のレコジャはその重みで、ウォールバーが落下してしまいます。ですので、場合によっては中身のレコードを抜いて飾らなければならない!という事態が発生します。しかしながら、100均ショップのウォールバーで部屋の飾りつけができると考えれば、コスパは最高です。レコードの置き場・活用法に困っている方は、是非実践してみてください。(因みに、三茶のKING?DKに褒めて頂きました笑)

★FreshServiceのセットアップ

次はfreshserviceのセットアップです。(画像はfreshserviceさんのインスタから転用させて頂きましたm(__)m)

こちらは、表面が細畝のコーデュロイ。そして、ライニングにOctaという高機能素材(要は中綿入り)が使われています。中綿自体は薄いので、収納も意外に楽ちんです。今シーズンは暖冬ですが、この素材は暖冬でちょうどいいくらい暖かさです。かなり外が寒くても、中をさほど着ていない状態で暖かさが持続します。実際私は、最高気温10℃。最低気温5℃の12月のある日に、このセットアップを着用していましたが、全然寒くありませんでした。また、多少外が暖かくなっても、(服の中に)余分な熱をため込めないので、4月初旬くらいまでは大活躍しそうです。ダウンに比べれば、だいぶ価格が安いですから、暑がりの方の防寒アウターとしてもオススメです。あとは、ビックシルエットで単純に見た目もカッコイイと思います。(個人的にですが)

★DIGAWELのネルシャツ

次は、このブログでもお馴染みの深地さんが毎シーズン大量購入をしてるブランドDIGAWELです。私もかなり昔からDIGAWELが好きなのと、デザイナーの西村さんが同じ大分市出身ということで、勝手に親しみを感じていますが、今回紹介するのは、以下のネルシャツです。

このシャツは、某カリスマショップとコラボしているものとほぼ同商品で(カリスマショップはサイズ感が少し大きいだけ。その他は一緒)、そのカリスマショップのInstagramで発見し、慌ててDIGAWELのショップに購入しに行きました。先述したように、今シーズンは暖冬なので、このようなネルシャツはとても重宝しました。また、ご多分に漏れずビックシルエットなので(かなり大きいサイズ感です)、寒い日などはネルシャツの中に着こむことによって、寒い日でも大活躍でした。シンプルにデニム等と合わせるとサイコーにカッコいいです(あくまで個人的な主観ですが)。お金持ちの深地大先生ほど、大量購入は出来ませんが、今年も常にチェックしておきたいブランドです。(画像はDIGAWELさんのインスタから転用させて頂きましたm(__)m)以上で、おそらく誰も興味がないであろう!私のベストバイの記事は終了致しますが、2024年もファッションを楽しみましょう!

繊研新聞社主催のMDセミナー行います。お申し込み下記からお願いしますm(__)m。

初心者から学べるマサ佐藤のMDセミナー開催致します(限定40名)

マーチャンダイジング関連のサービスは、以下のリンクをクリックしてご確認くださいm(__)m

SERVICE

MSMD & Co.,Ltd
MSMD & Co.,Ltd Twitter
弊社への問い合わせ・仕事依頼はこちら

この記事をシェアする

RANKING POST

1

2020.07.07

大量生産と過剰供給は別物
2

2020.04.27

EC・通販専業ブランドも標準店舗の概念が必要なのでは?
3

2021.10.29

YouTubeは稼げるのか?!YouTube登録者1,000人のリアルな収益を発表

NEW POST

2024.03.01

再入荷お知らせの店舗版がリリース!店舗の機会ロスを可視化し、アプローチ可能にする日本初の取り組みとは?

2024.02.29

アパレルECの担当者はどうしたら育つのか?

2024.02.27

店頭のリサーチはどうすれば良い?(マサ佐藤編)

2024.02.22

リピート率はどうしたら上がる?

2024.02.20

在庫回転(日数・率)だけ切り取って論じても意味がない?

CONTACT US

小売ビジネスに関するMD(品揃え政策)アドバイス・サポートを
ご希望の方はお気軽にお問い合わせください。

お問い合わせはこちら

TRADINGPERFORMANCE

取引実績