未分類

元売価に対する意識が低すぎない?

★元売価設定は、MDにとって重要な権限

マーチャンダイザーにとって、商品の価格を決定する!という権限は、商品の発注数量を決めることと、同等の権限といえるくらいに、重い権限です。

 

しかしながら、この業界では、売れなくなってくると、次シーズンから元売価(プロパー上代)の設定を低くする!という光景がよく見られます。

(GAPのように、元売価設定が全く意味をなしてないショップもありますが。。。だから日本では信用を得られずに売れない_| ̄|○)

 

当然ですが、元売価を低く設定し直せば、売上点数が増え、売上金額が上がる可能性も高まります。
ですが、万が一、金田一。元売価設定を低く設定し直しても、思惑通りに売れなかった場合は、目も当てられない状況に陥ります。実は、このことの方が、この業界では、多いのではと?さえ感じています。

 

★元売価戦略はブランドコンセプトと同義

ショップやブランド事業にとって、元売価設定・元売価戦略を決定するということは、ブランドコンセプトを決めること!と同義でもあります。

 

ということは💡元売価設定を安易に変える!という行為が意味するところは、

”ブランドコンセプトを変更した!”

ということと、同義でもあるのです。

 

元売価設定を変更すれば、当然ですが、顧客ターゲットにも変化が現れます。
それは何故か?顧客の購買行動における、一番の動機は、商品の価格であるからです。

5適とは?④~適格。影のコンセプト~

 

★元売価を低く設定し直す弊害もある。

セールをすれば、客数が増え、売上点数が増える!このことは、誰もが理解できていることです。違う側面で考えると。要は、顧客の購入動機に価格が占める割合が大きい!ということを示しています。

しかしながら、売れなかったからという理由があるにせよ、セールではなく、元売価設定・戦略そのものを変更する行為は、実は弊害も多いのだ!ということを、よく理解すべきです。

 

元売価設定を安易に低くする弊害を以下述べると。

 

元売価設定を低く変更したが、仕入原価率は譲らないのであれば、商品クオリティは更に悪化。そのことで、また顧客・ファンが減る。ということもあり得ます。

 

・また、元売価設定を低く変更したことで、仕入原価率は悪化しても、商品クオリティは守る!このことは、一見よくは思えますが、当然粗利率はより下がり、収益が悪化する可能性も高まります。また、このことをしても、売上が下げ止まらなければ、悲劇を産み出すことに繋がります。

 

★元売価を低く設定し直す前に、すべきことがあるだろ!

このブログでも何度も述べているように、会計学でいう、付加価値は粗利益になります。

売上が低下し、価格施策を取らざる得ない!ということは、顧客がそのブランド・ショップに付加価値をあまり感じていないということです。

そして、安易に元売価設定を変更する行為は、自分たちの付加価値を自らが放棄した行為と同様です。

 

であるならば✋安易に元売価設定を変更する前に、ブランドコンセプトという原点に立ち返り、そこから見える顧客ターゲットに対して、顧客がしてほしいこと。喜びそうなことは何なのかを考える!

そして、商品だけでなく、店頭・ECを含めて販売戦略。プロモーション戦略等も含めた、現状に問題点を具体的のあぶり出し、改善策・新たな、顧客に対する付加価値施策を実践する。まず。そのことが重要です。

 

ややもすると、この業界では、商品の価格に対する意識の低い人が多い業界です。
このブログが、元売価への意識を変えるキッカケになれば幸いです。

ファッションMD講義。マネジメント講義「正羽村塾」企業・個人問わず、受講受けつけております。ご興味のある方は、このサイト内のSERVICEという項目をご覧ください。
お仕事依頼は、このサイト内の“お問い合わせはこちら”のボタンをクリックしてください。

この記事をシェアする