未分類

この秋のベストバイ(笑)

★懲りもせすにベストバイの記事を書く(笑)

殆ど服屋からの仕事が来ないのにもかかわらず、服好きな私ですが、この秋に購入した中でのベストバイを、性懲りもなくブログにしてみました。

 

皆さんもご存知通り、この9月・10月上旬は秋らしい陽気が少なく、今回ご紹介する商品も、まだ着用する機会のないものもあります。ですが、10月からの消費税増税ということもあり、購入してしまいました(笑)そんな商品を、皆様にご紹介します(笑)

 

① フランス軍のデッドストックの迷彩カーゴ

この商品は、生地が薄手のヘリンボーンということもあり、この暑かった9・10月に履き倒したものになります。おそらく、今後寒くなると生地が薄いので、着る機会も減るとは思いますが、また春には大活躍することでしょう。

 

おそらく、砂漠でのワークを想定して作られたものになるのだろうとは思いますが、ベージュベースの色は、どんな服にも合わせやすく、またシルエットも、所謂軍ものならではの、太いものではなく、シュッとした感じの野暮ったさのない細見のシルエットです。値段も5,000円くらいで購入したものになりますから、この秋の大満足の品!と言ってよいでしょう!

 

 

② 赤の古着のスウェット

個人的に赤がマイブームです(笑)とくに理由はないのですが、トップスの赤は意外にボトムスを気にすることなく、気軽にコーディネートできます。

しかし、スウェット以外のナイロン系のZIPものや、ジャージの赤も探しているのですが、赤はあまり売れないらしく、市場に出ている商品が少ないので探すのが大変です(笑)

 

まず、クルーの白ロゴですの商品ですが、これは古着に新しいロゴをプリントしたリメイク商品になります。このリメイク商品の営業代行をしている某企業の展示会で、この商品を見つけ即買いしてしまいました。赤で白ロゴのいい感じの商品は、古着屋を巡っても、見つけることが難しいので大満足の1品です。

 

早稲田カラーのパーカーは、いつも通っている三茶の古着屋さんで見つけました。状態もよく、値段も安かったので満足の1品となっています。

しかし、この商品は購入してからも、暑い時期が続き着る機会が殆どなかったのですが、今週に入ってからやっと着られるようになりました(笑)

 

 

③ プリマロフトのデッドストックのアウター

・プリマロフトとは?

”プリマロフト®は、アメリカ国軍の要請を受けたALBANY社が開発した、羽毛に代わる画期的な超微細マイクロファイバー素材です。 プリマロフト®は羽毛のように軽くて暖かい保温性と柔軟性を発揮するだけではなく、羽毛にはない撥水性も発揮。”

 

とのことです。有名どころでは、アメリカ軍のECWCSのlevel7のアウターです。

(デザインは上記の写真のものと同じ)

これは、アウトドアブランドのWild thingsが生産していると言われており、昨今の古着業界では値上がりしています。

かなり状態の悪い商品でも高値で取引されています。世代も第1世代から第3世代(Gen1等の表記)などもあり、また偽物も多く出回っており、ややこしい商品です(笑)

 

私が購入した、黒は本来は製造されていません。よって、偽物なのでは?という怪しさもあるのですが、シカゴ警察が別注した商品という情報もあります。

しかしながら、真偽のほどはネットを散々調べてみてもわかりませんでした(笑)

 

ですが、この購入した商品がプリマロフトを使用しているのは事実であり、偽物であろうが私自身は気にすることはありません。

まだ、着る機会はないのですが、とにかく暖かいのは間違いありませんし、ダウンと違い扱いやすい素材なのもグッドです。

尚、プリマロフトはダウンの8倍暖かい!などと言われることがありますが、私は嘘だと思っています(笑)

 

ということで、今回のブログには何の役に立つことは書いてありませんが、皆様もこの秋冬の買い物をお楽しみください!では、また(@^^)/~~~

ファッションMD講義。マネジメント講義「正羽村塾」企業・個人問わず、受講受けつけております。ご興味のある方は、このサイト内のSERVICEという項目をご覧ください。
お仕事依頼は、このサイト内の“お問い合わせはこちら”のボタンをクリックしてください。

この記事をシェアする