ファッションビジネス ・リテールMDアドバイス ・マサ佐藤

MENU

ファッションビジネス ・リテールMDアドバイス ・マサ佐藤

数字と現場を結び付けて考えることは大事!!

★在庫意識が薄いのは、EC担当者だけではない?

先日、弊社のブログで(株)stylepicks 代表である深地雅也さんが、以下の記事をアップして頂きました。

在庫に意識が向かなくなるEC事業者の特徴


この記事を要約すると。。。

→EC専業ブランドは、売上が伸びると業務を外部に委託するようになる。それと同時に、在庫に対する意識が薄まる。まじてや、ECの場合は、SKUを増やせば増やすほどアルゴリズムによって、検索の優位性が高まるので、ますます在庫が意識が薄まる!

ということに警鐘を鳴らす記事でした。

このようなことは、デスクワークの多い現役MDにもよく起こりうる現象です。ですので、デスクワークによる在庫意識低下の危険性を、私は様々な場面で現役MDたちに口を酸っぱくして訴え続けています。

 

★数字から現場をイメージすることとは?

今回のこのブログでは、そうした在庫意識を少しでも高めてもらえるよう、数字から現場をイメージしていきます。

では、例として以下の表をご覧ください。
(スマホで見づらい方はPCでご覧くださいm(__)m)

この表は、私がよく仕事でする使用するOTB表です。

今回は、細かいシチュエーションを説明するのは省きますが、因みのこの表は4月までが実績。5月以降が見込み・予測となっています。

この表の6月の在庫原価高を見ると。。。

・6月の在庫予算 1億3,728万円
・6月の在庫予測 1億5,358万円
・6月の在庫予算比 111.9% 

となっています。

この業界に多く存在する。%という記号によく騙される人であれば、たかが10%くらい在庫予算をオーバーをしたとしても、さして大変な状況ようには思わないでしょう。

しかしながら、以下のように考えたらどうでしょうか?

仮に、この組織の仕入原価率40%。元売価平均が1万円。だとすると?

・6月時点での在庫オーバー金額 1,634万円。
・前述したオーバー分在庫を元売価に置き換えると?
→約4,085万円
・オーバー分を商品点数に置き換えると?
→約4,085万円÷1万円=4,085点

となり、約4,000点以上の在庫が当初予算よりもオーバーしている!ということになります。

 

また、このOTB表にはシャツと記載されていますから。。。

仮に1M20Cのシングルラックに、ハンガー掛けのシャツをパンパンにつめて35点と掛かるとしたら?

→4,085点÷35=約117本

約117本ものシングルラックが余計に必要になります。

また、こんな計算をすると、より容量が想像できるでしょう。

117本×1M20C=約140M

となり、約140メートル分。余計に場所が必要となる!ということです。

これって、結構邪魔ではありませんか?
因みに、元売価平均がこのケースの半分ならば、更に倍のシングルラックが必要となります。そうなれば、おそらく店頭のバックヤードも物流倉庫も、結構大変なことになっている可能性が大です。(更に言えば、仕入原価率が想定より低ければ、在庫点数はもっと増える)

 

MDはこの能力を磨くことで、店頭で販売員が苦労している、本部指示による”ムリ・ムダ・ムラ”を排除しなければならないですし、ECにおける、ささげ業務の効率化にも寄与しなければなりません。

マーチャンダイザーとして磨くべき部分は、数字の計算能力を磨くことばかりが大事なのではなく、数字から現場をイメージできる能力を磨き、その先の状況を少しでも良くすることなのです。

MSMD & Co.,Ltd
MSMD & Co.,Ltd Twitter
弊社への問い合わせ・仕事依頼はこちら

この記事をシェアする

RANKING POST

1

2020.07.07

大量生産と過剰供給は別物
2

2020.04.27

EC・通販専業ブランドも標準店舗の概念が必要なのでは?
3

2020.08.04

画面ばかり見てないで現実を見よ!

NEW POST

2021.10.14

最近見た怪しいニュースの感想

2021.10.12

週別の気温の推移を知っておくと役立つ?

2021.10.08

vol.19 「細かすぎる」と言われる男の話

2021.10.04

「メール見てないんですか?」は地雷原。

2021.10.01

MDの転職事情

CONTACT US

小売ビジネスに関するMD(品揃え政策)アドバイス・サポートを
ご希望の方はお気軽にお問い合わせください。

お問い合わせはこちら

TRADINGPERFORMANCE

取引実績

BEAMS(ビームス)
株式会社 聖林公司
株式会社 千趣会
繊研新聞社
株式会社ベイクルーズ
文化服装学院
株式会社Welleg(ウェレッグ)
無印良品
フィットネス市場
クリーデンス
株式会社コポ
株式会社StylePicks
株式会社ブリッツワークス
UNIVERSAL OVERALL
株式会社トラヤチェーン