ファッションビジネス ・リテールMDアドバイス ・マサ佐藤

MENU

ファッションビジネス ・リテールMDアドバイス ・マサ佐藤

ECサイトの商品カテゴリーはどうやって決めるのか?

来期はどんな商品が売れるのか?売りたいのか?①

先週、マサさんの繊研の記事にて「カテゴリー分類」のお話が出てきておりました。MDに関するカテゴリー分類の重要性については、後半の記事がまだ公開されておりませんので言及しませんが、ECで商品を展開する際にもこのカテゴリー分類は非常に重要なポイントになってきます。

 

カテゴリーのナビゲーションはどうしたらいい?

上記記事にも記載があるように、着丈の短いダウンは「ジャケット・ブルゾン・コート」のどこに分類するのか?とありますが、ダウンが秋冬の主軸であるブランドなら「ダウン」という分類をカテゴリーに作成しておくべきでしょう。ブランドによって得意アイテムは全く違いますから、カテゴリーが他社と均一である必要はありません。ユーザーがそのブランドに何を求めているのか?を予測し、なるべく利便性の高いページにしないと離脱の確率が高くなります。サイト内検索で当該アイテムを検索する、という事もあるでしょうが、SKU数が多いのであればカテゴリーにしてしまう方が良いでしょう。検索流入が多いキーワードやサイト内検索のキーワードを見ながら調整するのも良いかと。

 

カテゴリーページごとにタイトル・ディスクリプションを設定

カテゴリーがしっかり分類出来ましたら、今度はそのカテゴリーごとに「タイトル」「ディスクリプション」を設定しましょう。

( ここに表示されるやつです。)

所謂、そのカテゴリーの説明文にあたるものですね。これがあるだけで検索行動を起こしたユーザーにヒットしやすくなったりします。つまり、SEO対策にもなるのです。ブランドの指名検索を増やそうとした時、ユーザーはブランド名単体のキーワードで検索するだけではなく「ブランド名 アイテム名」で検索するケースが多いです。

ユニクロ

上記のように、より詳細なアイテム名であれば各商品詳細ページでディスクリプションとメタキーワードを設定すればいいのですが、ユーザーの検索行動はもっとざっくりしたものが多いです。「ブランド名 ワンピース」や「ブランド名 バッグ」のような感じですね。ブランドのMD設計によってユーザーのアイテムに対する認識は変わるでしょうから、自ずとこのキーワードの検索数もMDと連動しやすくなります。ブランドがアイコンアイテムに設定しているものなら顕著に数字に現れるでしょう。

グラミチ

グラミチなんて「素材で選ぶ」というカテゴリーも用意していますから、本当ブランドによってカテゴリーはそれぞれだなぁと痛感しますね。

 

カテゴリー作成をする際に、適当にWeb制作会社に丸投げ・もしくはあまり考えずに決定しているケースを見たことがありますが、上記のような事を鑑みると、事前に自社で設定しているカテゴリー分類と連動させることがいかに大事かがわかりますね。ある意味、MDECで可視化する要素の一つでもあるのです。また、店頭だろうとECだろうと、売れた商品データは加工したり、それを元に分析したりして次のシーズンに活かす事もあるでしょう。その際に、カテゴリーの分類がざっくりし過ぎていると分析に非常に困ります。在庫管理システムとECを連携させている大手なら必要ないかもしれませんが、オンライン専業ブランドだとここのデータが命ですから、MD設計無しに運用を進めてしまうと後々困ることが増えますのでご注意ください。

この記事をシェアする

RANKING POST

1

2020.07.07

大量生産と過剰供給は別物
2

2020.04.27

EC・通販専業ブランドも標準店舗の概念が必要なのでは?
3

2020.08.04

画面ばかり見てないで現実を見よ!

NEW POST

2020.11.24

(特別記事2)決算書からみるMD戦略変更の難しさ

2020.11.20

商社やOEM業者が小売りを始める際に意識すべき点

2020.11.19

ブランドの方針によって大きく変わるECの集客施策

2020.11.17

予算をコロコロ変えては意味がない

2020.11.13

vol.8 アパレルの端くれに従事する者として毎日やっていること

CONTACT US

小売ビジネスに関するMD(品揃え政策)アドバイス・サポートを
ご希望の方はお気軽にお問い合わせください。

お問い合わせはこちら