ファッションビジネス ・リテールMDアドバイス ・マサ佐藤

MENU

ファッションビジネス ・リテールMDアドバイス ・マサ佐藤

【これは実験です】YouTube × クラウドファンディング

最近、【おぼっちゃまくん】の【びんぼっちゃま】に惹かれている・・・
登録者数が間も無く200人になる新進気鋭のYouTuber 男42歳 ローリー青野でございます。

バイク!
バイク!
バイク!
とバイク推しを加速させていますが・・・・
実は、超絶貧乏な風前の灯であるジーンズメーカーを運営しているオジサンです。

マサさんのホームページにて記事を書かせて頂いて数ヶ月。
読んでくれてる方がいるかは知りませんが、今月のお勤めも 【ぽっくん】的な切り口でアパレルビジネスの事を書いてみようかなって思います!

今月は、【ぽっくん】が9月から始めたYouTubeをベースとして書いていこうかなぁって思ってますんで〜激長っ!な記事になりますが・・・読んで【くりくり】。

 

YouTubeとCFで市場参入するという思惑

現在、6期目がスタートした我が社ですが、大借金を背負いながら何とか5年が終わりました。
起業して半年後に世に送り出した BLUE MONSTER CLOTHING は、カジュアル市場とワーキング市場で展開店舗数も認知度も向上して、徐々に売上を増やしている状況です。

ジーンズブランドを立ち上げて一番困った事が・・・販路です

*どうやって消費者を見つければいいのか?
*どうやって消費者にブランドを知ってもらえばいいのか?
*どうやって消費者に買って貰えばいいのか?

その解として実践したのが卸売です。
飛び込み営業から始めた、王道の始め方です。
「王道にケンカを売ろう」がキャッチコピーのジーンズブランドなんですがね(汗)

これからアパレルブランドを立ち上げよう!とか、既にアパレルブランドを立ち上げてる!等の皆様、販路に困ってませんか?
うちも、これからバイク市場に参入だぁ〜!!ってイキってる最中ですので、皆さんと同じ様に販路に困っています(笑)
卸売での参入はバイク市場を見ていると不可能だろうなぁ〜と考えています。
でも、バイク市場に参入したい!したい!したぁ〜い!
ただただ趣味の為だけにw

現在戦ってる市場にしても、バイクという新しい市場にしても、
ビジネス上、リピーターが重要なので、ブランドのコンセプトや開発した商品に惹かれる仕組みが作れないといけないなと考えています。

*ブランドのコンセプトを認識してもらえる。
*開発した商品に強い興味を示してもらえる。
*新規消費者を獲得できる
*リピーターになる可能性を自発的に高められる

という要素がバイク市場に参入するには必須だなと考えています。

参入前から、継続して売上が見込める環境を整えてあげないといけません。

でないと・・・
一発屋的に成功はするけど、直ぐにその市場から退出しないといけなくなりますからね・・・

そこで選択した手法が、卸売ではなく消費者への直販を前提とした販路獲得で、YouTubeを使いつつ、クラウドファンディングで売上を取りに行こうという・・・コストを極力かけないで市場参入しようというものなんです。

 

YouTubeでファンを獲得してCFを成功させる試算

現在、物販クラウドファンディング10回目の挑戦をしています。
延で1,200人の方が支援して下さっています。そして、各チャレンジにおいて支援者の10%がリピーターなんです。
1チャレンジにおいて、平均支援者は120人です。
この中のリピーターは、120人 × 10% = 12人になります。
クラウドファンディングを行う上で、常に12人は購入してくれるんだろうなぁと皮算用をしながらクラウドファンディングを立ち上げています(内緒だよ)。

そして、バイク市場参入の為に立ち上げたYouTube番組で開発を追いかけているのが、この商品です!

インナープロテクター(ライダーが持ってるプロテクターを装着可能)脱着可能なデニムセットアップ商品です。
この商品は上下セットで40,000円です。
生産ミニマムは100セットです。
クラウドファンディングでは、金額でなく生産ミニマムである100セットを支援者数の目標とした場合、100人を集めないとサクセスしません。
皮算用の12人は支援してくれるとした場合(実際はライダーの支援者なのかは不明なのですが)、

*残り獲得支援者数: 100人 – リピーター12人 = 88人

88人の支援者をYouTube番組から獲得しないといけません!
しかも、嗜好性の強いバイク専用の衣料品において高額な商品を購入できる可処分所得を保持していないといけません。おそらく40代以上のライダーが中心購買層になると予想しています。

チャンネル登録者数が仮に200人だとすると、おそらく登録者の1%は購入可能性が高いと考えると・・・

*購入可能性登録者: 200人 × 1% = 2人

残り86人ですね(汗)

うちのECアクセス数転換率が平均0.5%なので、残り86人をGETしようと思うとYouTubeのアクセス数は

*YouTubeアクセス数(視聴回数): 86人 ÷0.5% = 17,200アクセス(回)

が必要となります。

100人の支援者を集めようとすると
(クラウドファンディング リピーター)12人
(YouTube登録者200人の場合の購入可能性)2人
(YouTube視聴回数数17,200回からの獲得者数)86人
という試算が成立します。

ここで要注意なのが、対象商品関連の動画のみで17,200回の視聴 を稼がないと86人の獲得者を得る事ができません!

そこそこ無理ゲーです(苦笑)

 

ターゲットを明確に潜在獲得者を獲得する戦略

登録者が莫大に増えればクラウドファンディング成功は容易なのですが・・・増えない!増えない!
誰も知らない42歳オジサンのYouTubeですので、潜在獲得者を増やす戦略が必要です。

幸いにも戦略が立て易い状況があります。
それは・・・バイクです!

嗜好性が高く、YouTubeの中でもライダーか、バイクに興味のある人しか、ほぼ見ないのがバイク番組です。
よって、見てもらえれば、自ずとその層は限りなく潜在的な消費者になり得る可能性が極めて高いってもんです!

番組が見られる戦略を立案できれば、対象商品の関連動画で17,200回視聴も可能なのでは?と得意の皮算用が成り立つ分です(笑)

つーことで、うちのYouTube戦略は・・・

1:ライダー視聴者が最も見るであろうバイク車体動画から対象商品の関連動画へ送客する
2:免許取得までの道のり動画で共感を得て、対象商品の関連動画を見てもらう導線を引く
3:対象商品の関連動画を企画から開発まで丁寧に追いかけた動画で購買意欲を高める

という3本柱を設定して番組配信を始めました。
なかなか腹黒いでしょ?
【表は綺麗】にYouTube始めたようですが・・・その【裏はガチな裸】の欲望ですよ(笑)

周りに誰もYouTubeやってないので、本当に仮設検証しながらのYouTubeですよ。
戦略は戦略!
目的は・・・(YouTube視聴回数数17,200回からの獲得者数)86人 です!

 

2ヶ月間のYouTubeデータは戦略通りなのか?

マサさんのホームページなので(笑)
ブランドイメージ関係なくぶっちゃけて書いていますが・・・ここからも更にぶっちゃけていきますよ〜٩( ‘ω’ )و

(YouTube視聴回数数17,200回からの獲得者数)86人 を為し得る為に配信前に立てた戦略に沿って2ヶ月間でYouTubeを11回配信しました。

アパレル業界でTwitterやInstagramのノウハウは有名ですが・・・YouTubeへの見地は少ないんじゃないのかな?

うちみたく物販を目的としたYouTube立ち上げは、アパレルの人には参考になるんじゃないのかな?って思いますので大公開しまぁーすっ!

まずは、スタート2ヶ月間の視聴回数の推移です。


9/2から毎週水曜18:00配信でスタートした番組です。
スタート直後は、やばいですね・・・

この2ヶ月間の視聴回数データを見て頂けると一目瞭然なんですが・・・【FTR223】って題名に入ってるものがバイクの車体動画です。
圧倒的な視聴回数を叩き出しています!

なぜ無名のYouTuberのバイク車体動画が見られるのか?

それはYouTube検索でバイク車体検索が多いからなんです!

グラフを見るとわかりますが、車体検索によってバイク車体動画の視聴が伸びて、そのバイク車体動画に引っ張られるように、その他の動画の視聴回数が伸びています。
という事は・・・

1:ライダー視聴者が最も見るであろうバイク車体動画から対象商品の関連動画へ送客する

は成立しています。
おっほほほーーーーー戦略通りですね(笑)

では、それからの送客による対象商品関連動画の視聴はどうなんだ?って事ですよね。ここ一番大事ですからね!

11配信のうち人気動画TOP 5 の1位・2位・4位は【FTR223】のバイク車体動画です。これで全体の視聴回数を引っ張ってからの〜
3位が 2:免許取得までの道のり動画で共感を得て、対象商品の関連動画を見てもらう導線を引く が動画です。上のグラフ見てもわかりますが、これも成立してると言えます。
そして、5位が対象商品関連動画です。

1-4位の視聴回数は千以上です。5位は390回・・・。

戦略通りに進捗しているんですが、
3:対象商品の関連動画を企画から開発まで丁寧に追いかけた動画で購買意欲を高める
の視聴回数は17,200回いっているのか???

11回の配信の内、#2・#4・#8・#9・#10・#11 が戦略3の対象商品関連動画なんです。
果たして、その視聴回数(合計数)は・・・・・

2,417回!!!!!!!!

じぇじぇじぇーーーーーーーーーー!!!!!!
ガビーーーーーーーーーーン_:(´ཀ`」 ∠):

2,417 / 17,200 って事は、
86人獲得への進捗は、14% です(涙)

#8 – #11 は1週間前の配信なので、これから伸びていく予定なんですがね・・・
現実は戦略通りに行かねいですね( ´ ▽ ` )

まぁ、YouTubeは継続すればする程、視聴回数が伸びて、登録者数も伸びるとWEB上では言われていますので期待するしかないですね!

ただね。
戦略はクラウドファンディングで物販を行う潜在的な購買者を獲得する為に最重要なんですが〜実は!ターゲットも重要です!
どの年齢層が見ているのか?ここが、お財布からお金を出す人を見極める上で大切です。


キタァーーーーーー☆*:.。. o(≧▽≦)o .。.:*☆
予想購買層の年齢層(40代以上)をガッチリ確保しています!

2ヶ月間の検証結果は、

1:ライダー視聴者が最も見るであろうバイク車体動画から対象商品の関連動画へ送客する
→成立している

2:免許取得までの道のり動画で共感を得て、対象商品の関連動画を見てもらう導線を引く
→成立している

3:対象商品の関連動画を企画から開発まで丁寧に追いかけた動画で購買意欲を高める
→未成立・・・だが今後の伸びに期待だな!

(4):ターゲット層は40代以上
→成立している

となり、クラウドファンディングの支援者を確保する為にも3を伸ばしていかないといけないという課題が明確になりましたよ。

 

SNSや動画は物を売る為に戦略を練らないといけません

長々と書いていますが・・・
アパレルブランドを立ち上げる時、アパレルビジネスを立ち上げる時に販路は必ずついてきます。継続していく為にも、そこから目を逸らす事はできません。

D2Cだー!って、各SNSを運用・活用すれば誰でも直ぐに消費者をGETでき売上を得る事ができるだろうと浅はかに考える人は意外と多いんじゃないですかね。
合わせて、アパレルビジネスにおいてSNS活用を薦める人は、自ら物販を行ってる人なんてほぼいないですよ〜。

自分の金でビジネスを行うんだったら、他人のアドバイスやノウハウは素直に聞く事を勧めますが・・・最終決断や売上を得る為の決断は自己責任でやって下さい。
提供されるそれに対して、言われた通りにするんじゃなくて、自ら戦略を練って、仮説検証を行いながらじっくりやって下さいね!

自分の頭で考えて、自分の金で勝負して、自分のビジネスの糧にして下さい!

【ぽっくん】は、YouTubeとCFで新規市場参入をしようとしています。
同時にYouTubeとCFというものを組み合わせた新しい流通経路を確立しようとしています。
YouTubeとCFに親和性があるかどうかは不明です。
でも、新規参入する上でも、新規商売をする為にも、継続して商売を行う為にも、YouTubeとCFという新たな選択肢を今後の若人へ紹介できればとマジで考えています。

BMCは派手にやってますが・・・実は超絶貧乏な風前の灯であるジーンズメーカーを運営している【ぽっくん】。
まさに!【びんぼっちゃま】状態ですが、知恵と行動力で新たな仕掛けを作っていこうと思ってます。

ともだち◯こ な潜在的な支援者を増やせる様、毎週水曜18:00にYouTube配信していきまぁーーーす。
見て【くりくり】。

この記事をシェアする

RANKING POST

1

2020.07.07

大量生産と過剰供給は別物
2

2020.04.27

EC・通販専業ブランドも標準店舗の概念が必要なのでは?
3

2020.08.04

画面ばかり見てないで現実を見よ!

NEW POST

2021.10.19

自社商品を愛する精神がMDには必要?

2021.10.14

最近見た怪しいニュースの感想

2021.10.12

週別の気温の推移を知っておくと役立つ?

2021.10.08

vol.19 「細かすぎる」と言われる男の話

2021.10.04

「メール見てないんですか?」は地雷原。

CONTACT US

小売ビジネスに関するMD(品揃え政策)アドバイス・サポートを
ご希望の方はお気軽にお問い合わせください。

お問い合わせはこちら

TRADINGPERFORMANCE

取引実績

BEAMS(ビームス)
株式会社 聖林公司
株式会社 千趣会
繊研新聞社
株式会社ベイクルーズ
文化服装学院
株式会社Welleg(ウェレッグ)
無印良品
フィットネス市場
クリーデンス
株式会社コポ
株式会社StylePicks
株式会社ブリッツワークス
UNIVERSAL OVERALL
株式会社トラヤチェーン