ファッションビジネス ・リテールMDアドバイス ・マサ佐藤

MENU

ファッションビジネス ・リテールMDアドバイス ・マサ佐藤

もう失敗しない!フリーランスへの依頼方法とは

 

最近、急激に新規事業開発やリブランディングが増加しています(肌感)。

ということはどいう事かというと…

 

将来を考え今から種まきをして自分たちでお客様を集めたいという会社が増加している。

つまり受け身ではなく能動的に仕掛けていきたい会社が今後もでてくる。

事業を成功させるために内部では気づききれない視点やノウハウを取り入れる必要ある。

しかしいきなり人材を内部に入れるのはハードルが高い。そこで、

フリーランスのデザイナーとの協業は今後増えていくなと感じています。

 

 

ここでちょっと聞いていただきたいのですが、ブランドを作っていく際に

ちょっともう今までのやり方通用しないな…

そういう気持ちになったことはないでしょうか?

 

おそらくこのブログを読んでくださっているあなたも

近い感情を持たれたことはないでしょうか?おまけに、

自分たちの強み×知見×ブランド育成×マーケティングにSDGs…

全方位360℃の視点が必要なトンデモナイ時代になりました。

自分たちの今までの常識をある種捨てて、ゼロから会社を起業するくらいの

熱量が新規事業には必要だと感じます。

 

となると…一つ懸念点があります。よし!事業やろう!となった時。

今までの仕事+新規事業の事もやらなければいけない状況です。(過酷!)

 

今までならある程度自分たちの知見や経験+トレンドの〇〇で戦えました。

でももう今はネットだけ見ていてもEC専売ブランドやSNS発生のブランド、

個人のブランド…供給過多な状態です。

おまけに売り先も多様化。今なら確実にTiktokかInstagram×Shopifyはニーズがあると思いますが。

いずれにせよ非常にカロリーが必要な作業です。なので、

 

初期の事業立ち上げはうまく外部に依頼しよう。

 

もちろん事業が成長していけばいずれは内包していくことが必要になりますが、

初期の2年位は外部のデザイナーと協業し彼らのノウハウや力を取り入れて

事業を後押しする”ブースト”として並走してもらうのがお勧めです。

そこで初期にうまく仕事をスムーズに進行するためのチェックリストを作成しました。

大きく分けると6つです。

もっと詳細をお伝えしたいのですがかなり長文になってしまうので

Instagramこちらの無料のpodcastでより深くお話ししています!

 

&こちらは↓プラス補足項目です。

今後もSNSでこのような生の情報や事業開発に役立つようなネタをアップしていきます。

 

 

.もっとこれもあるんじゃないか?

.新規事業と外部のデザイナーのかかわり方って具体的になに?

などなどお気軽にご質問ありましたらInstagramやTwitterにコメント.DMいただけるとうれしいです。

 

★音声配信★

Anchor(無料)

Spotify

Instagram

今回のようなオリジナルイラストでビジネス系の図解がメインです。

Twitter

D2Cや新規事業のアイディア。海外の動向も図解してアップしています。

 

フォローやコメントお気軽にいただけるとうれしいです!

ではまた来月お会いしましょう。

Mitomi.

この記事をシェアする

RANKING POST

1

2020.07.07

大量生産と過剰供給は別物
2

2020.04.27

EC・通販専業ブランドも標準店舗の概念が必要なのでは?
3

2020.08.04

画面ばかり見てないで現実を見よ!

NEW POST

2022.06.24

速報23SSレディースに使えるメンズTREND

2022.06.21

ショップで売れ筋商品の在庫はどのくらいあれば良いの?

2022.06.16

ポップアップショップはEC運用でどう利用する?

2022.06.14

粗利率と在庫回転率向上の両立は難しい?

2022.06.10

契約書、結んでますか?

CONTACT US

小売ビジネスに関するMD(品揃え政策)アドバイス・サポートを
ご希望の方はお気軽にお問い合わせください。

お問い合わせはこちら

TRADINGPERFORMANCE

取引実績