ファッションビジネス ・リテールMDアドバイス ・マサ佐藤

MENU

ファッションビジネス ・リテールMDアドバイス ・マサ佐藤

”ありがとう”と言われることが、仕事のモチベーション?

★講義帰りのバスの話

先日、文化服装学院での講義を終え、バスでの帰宅途中、バスに大量の小学生が乗車してきました。あまりの小学生の人数に、「このバスだけは、少子化とは無縁やな~」等と、しょうもないことを考えていた頃、小学生が続々とバスから下車を始めました。すると、多くの小学生はバスから下車をする際に、バスの運転手さんに向かって、「ありがとうございますm(__)m」と大きな声で、挨拶をしながら下車をしていきました。その光景を目の当たりにして、私がビックリしたことは、本来であれば、「ありがとうございます!」というのは、お金を頂戴している運転手さんの方側であって、お客である小学生側に「ありがとうございますm(__)m」と、言わなければならない義務はありません。親御さんの教育が行き届いてるのでしょうが、「(バスの運転手さんに)安全に目的地まで送り届けてくれて、ありがとう!」という、感謝の気持ちがあるのでしょう。小学生たちから感謝の言葉を頂戴したバスの運転手さんは、いつも以上に嬉しそうに「ありがとうございますm(__)m」と感謝を述べていました。

★「ありがとう」と言われることが、仕事の活力となった

話は変わって、現在の私の仕事は、MDアドバイザーです。会社立上当時は、MDアドバイザーの具体的な仕事は、あまり考えておらず、漠然とコンサル的なことを考えていたように記憶しています(今振り返ると、恥ずかしい_| ̄|○)。当然のことながら、会社を立ち上げても、仕事の依頼は殆どなく、迷走していたある日。このブログでもおなじみの働くMAMEくんから、「MDの数字的な部分を教えてくれませんか?」という依頼がありました。そこで、講義資料を下手くそながら作成し、講義をしたところ、働くMAMEくんに「マサさんは、教えるのがうまいですね~」と褒められ嬉しかったので、その言葉を信じ、MD講義の資料を本気で作成し、弊社の仕事の中心に据えたところ、中国方面からの仕事依頼があったので、日本人は私1人でしたが、必死になってMD講義をした結果、その後10回以上の講義依頼を受け、その仕事を全うしました(2日で14時間講義するというハードな仕事笑)。その際にも、中国の受講者の皆様方から褒められたり、「謝謝」と感謝の言葉を言われたので、そのことが嬉しくて、講義をさらにブラッシュアップさせた結果、そのことが繊研plusさんでの連載に繋がり、日本の企業からも仕事が頂けるようになり、今の仕事のカタチになりました。(現在は、新しい形の仕事を構築ではありますが。)

本来、「ありがとうございますm(__)m)」と感謝の言葉を送るべき側は、お金を頂戴している側であり、サービスを提供する側が、お客様から感謝の言葉を頂戴する機会に恵まれることは稀です。しかしながら、お客様から「ありがとうございますm(__)m」と言われることは、仕事を遂行する上において、この上なく嬉しいことですし、仕事のモチベーションにも繋がります。弊社の仕事の目的は、「お客様の役に立つこと」であり、お客様に「ありがとうございますm(__)m」と言われることが目的ではありませんが、今後も、お客様の役に立つ仕事が出来るよう、引き続き努力・精進する所存でございますm(__)m。ということで、今回の記事は終了です。
マーチャンダイジング関連のサービスは、以下のリンクをクリックしてご確認くださいm(__)m

SERVICE

MSMD & Co.,Ltd
MSMD & Co.,Ltd Twitter
弊社への問い合わせ・仕事依頼はこちら

この記事をシェアする

RANKING POST

1

2020.07.07

大量生産と過剰供給は別物
2

2021.10.29

YouTubeは稼げるのか?!YouTube登録者1,000人のリアルな収益を発表
3

2020.04.27

EC・通販専業ブランドも標準店舗の概念が必要なのでは?

NEW POST

2024.06.14

富士五湖最大のマルシェに出店しました!

2024.06.13

ZOZOの直近の決算を確認してみた

2024.06.11

セール売価設定の考え方

2024.06.06

大手アパレル上場企業EC売上推移まとめ(パル・UA)

2024.06.04

アパレルMDの授業内容について

CONTACT US

小売ビジネスに関するMD(品揃え政策)アドバイス・サポートを
ご希望の方はお気軽にお問い合わせください。

お問い合わせはこちら

TRADINGPERFORMANCE

取引実績