ファッションビジネス ・リテールMDアドバイス ・マサ佐藤

MENU

ファッションビジネス ・リテールMDアドバイス ・マサ佐藤

MD目線で決算書を読む方法を教えます?⑤

★粗利率の推移から見えること。

前回までは、損益計算書の粗利率から仕入原価率を考察するということを、トウキョウベースの決算書の数字から検証していきました。

 

最終的には、ユナイテッドトウキョウの仕入原価率は、50%じゃないっすよねー?というオチでしたが(笑)

MD目線で決算書を読む方法を教えます?④

今回のブログからは、他に、損益計算書の粗利率から読み取ることが出来ること。
それは、以前も申しました。店頭・売場の状態(セールの状態)を見て取れる。ということを複数回に渡って考察していきます。

そのことを調べるには、過去数年の推移を調べる必要があります。

そして、以前も申しました通り、

 

① 多少の会計知識
② 販売・MD等の実務経験(このことが大事)

 

上記のことが、考察する上で必要となってきますので、ご注意ください。
①の件に関しては、私の繊研新聞社さんから出版されている本の知識さえあれば、充分です。(是非お買い求めくださいm(__)m何回宣伝しとるんや(笑))

マサ佐藤の「算数で極める達人MDへの道」繊研新聞社から絶賛発売中!

 

では、今回もトウキョウベース(すいません。以前調べた数字のベースがあるもんでm(__)m)の決算書から、損益計算書の数字を簡単に並べたものが下記の図になります。

 

ここで、皆さんにお伝えしたいことは、粗利率が高い場合は、OFF率が低め(あまりセールをしていない)の可能性が高い。逆に、粗利率が低い場合は、OFF率が高め(結構セールをしている)の可能性が高い!ということを、頭にインプットしてください。

余談になりますが、粗利率が低いと粗利高が下がり、損益計算書の営業黒字に大きな影響を及ぼします。

 

★営業利益率の高い優良企業

上記の図は、2016年2月期(2015年3月1日~2016年2月29日)から始まっています。トウキョウベースは、上場したのはこのタイミングになりますので、ここからしか決算関連資料はありません。

上記の図の粗利率。営業利益率を以下纏めると。

 

・2016年2月期 粗利率51.4% 営業利益率10.8%
・2017年2月期 粗利率53.2% 営業利益率13.8%
・2018年2月期 粗利率51.3% 営業利益率12.3%

 

数字だけ見ると、営業利益率が常に10%越えという、アパレル小売りでは超のつく優良企業です。

 

しかし、粗利率の推移だけを追うと、2017年2月期は53.2%と高い水準ですが、2016年・2018年2月期は51%前半です。

たかが、粗利率2%程度下がっただけじゃないか?
とお思いの方もいらっしゃるでしょうが、100億円の売上の組織で粗利率が2%下がると、2億円の粗利高が吹っ飛ぶことになります。

 

では、先述したように、2016年2018年の2月期は、セールを多くした?在庫が多かったの?損益計算書は良くても、意外に落とし穴があるの?ということを、決算関連資料から考察していきます。

 

★粗利率の推移だけ調べるには、限界がある??

まずは2016年2月期ですが、この年からユナイテッドトウキョウの出店が本格的にスタートしています。ですから、当初はユナイテッドトウキョウの原価率が、報道されているような原価率と近しいとも推測(店舗数が少ないので、必要仕入数量が少ないと推測される)されるので、2016年の粗利率が低かったといって、主力業態のステュディオスが不調という可能性は低そうです。

 

事実、その年の決算説明会資料には、以下のように記載されています。

 

”(UNITED TOKYO)立ち上げに伴う先行投資等が嵩み、利益率は前期比低下”

そして、粗利率が高かった2017年2月期の決算説明会資料には、以下のように記載されています。

 

”(好調の要因として)業容拡大とUT認知度の向上により売上が拡大、STプロパー消化率(注)上昇で粗利率改善、EC化 率増加で販管費率が減少したことによる”

 

と書かれています。また、トウキョウベースはEC比率が40%弱とされていて、他社に比べ販管費率が低いのも、実は大きな特徴です。このことが高い営業利益率を支えています。

 

最後に2018年2月です。この粗利率の低下の要因は何なのでしょうか?流石に、損益計算書を並べただけでは考察ができません。

 

本来、上場企業であれば、IR情報で、月次の売上報告に既存店の客数・客単価の指数が記載されているのですが、トウキョウベースは公開していません。このことが、わかると現場(店頭)と商品を結び付け考察が出来るのですが。。。

_| ̄|○と落ち込んでいると💡決算説明会資料には、1年単位ですが、トウキョウベースは、なんと💡親切なことに、客単価の金額を記載してくれているじゃないですか!!それも事業部別に丁寧に。。。

 

次回はこの情報と、粗利率の推移を結び付け考察していきます。
では、また次回m(__)m

MSMD & Co.,Ltd
MSMD & Co.,Ltd Twitter
弊社への問い合わせ・仕事依頼はこちら

この記事をシェアする

RANKING POST

1

2020.07.07

大量生産と過剰供給は別物
2

2020.04.27

EC・通販専業ブランドも標準店舗の概念が必要なのでは?
3

2020.08.04

画面ばかり見てないで現実を見よ!

NEW POST

2021.10.19

自社商品を愛する精神がMDには必要?

2021.10.14

最近見た怪しいニュースの感想

2021.10.12

週別の気温の推移を知っておくと役立つ?

2021.10.08

vol.19 「細かすぎる」と言われる男の話

2021.10.04

「メール見てないんですか?」は地雷原。

CONTACT US

小売ビジネスに関するMD(品揃え政策)アドバイス・サポートを
ご希望の方はお気軽にお問い合わせください。

お問い合わせはこちら

TRADINGPERFORMANCE

取引実績

BEAMS(ビームス)
株式会社 聖林公司
株式会社 千趣会
繊研新聞社
株式会社ベイクルーズ
文化服装学院
株式会社Welleg(ウェレッグ)
無印良品
フィットネス市場
クリーデンス
株式会社コポ
株式会社StylePicks
株式会社ブリッツワークス
UNIVERSAL OVERALL
株式会社トラヤチェーン