ファッションビジネス ・リテールMDアドバイス ・マサ佐藤

MENU

ファッションビジネス ・リテールMDアドバイス ・マサ佐藤

MD目線で決算書を読む方法を教えます?⑦

★決算短信を活用する

前回のブログでは、2018年2月期トウキョウベースの粗利率は1.9%前年より低下している。粗利率の低下は、セールによる在庫処理を与儀なくされた?

そのことを客数・客単価から見てみると?ステュディオス(以下ST)事業の実店舗の(買上)客数が前年の93.5%に下がっており、これは意外に深刻なことでは?と記載致しました。

MD目線で決算書を読む方法を教えます?⑥

但し、このことだけでは、限界があります。そこで、決算短信の数字を活用してみることにしました。

 

決算短信は、四半期(3か月)単位で報告されており、損益計算書の売上。粗利率を3か月単位で繋げてみることで、その組織のMDの良し悪しが解るのでは?と感じ、2017年2月期から、2018年2月期までの、売上・粗利率を四半期ごとに並べた図が下記の図です。

 

★秋冬商戦の依存度が高い?

まず、このことを見てすぐに気づくのは、秋冬商戦の依存度の高さです。
2017年2月期の第3Q第4Qの売上構成比は、61.4%あります。2018年2月期は、56.6%です。この数字は、既存店の数字ではないので、一概に鵜呑みにして良い数字ではありませんが、よく秋冬一本足打法と揶揄されることの多い、UNIQLOに比べてもその秋冬商戦の依存度は高いと言えるでしょう。

 

 

★2018年2月期粗利率低下の要因は?

次に粗利率の推移です。第2QはSSのセール時期。第4QはAWのセール時期に当たるため、当然その時期の粗利率は、低くなります。

しかしながら、粗利率が53.1%だった2017年期は、第2Q・4Qとも粗利率は、50%以上の水準を維持していますが、2018年2月期の第2Q・4Qの数字は、50%を割り込んでいます。

 

更に気になるのは?2018年2月期の第3Qの粗利率が、前年同時期よりも、2.5%も下がっているのは?何故?ということです。

 

第3Qは、時期としては9月~11月に当たります。上記で述べたトウキョウベースの特徴を考えると、一番粗利率を稼ぎたい時期に当たる筈です。

★2018年2月期SS商戦の失敗が尾を引いた?

しかしながら、粗利率が前年より2.5%下がるということはどういうことなのか?考えられることは、2018年2月期SS商戦のMDの失敗です。

 

9月の平均気温は6月末~7月上旬の気温とさして変わりません、ということは?
2018年2月期の春夏商品の在庫が多く余ったのでは?と推測されます。

 

実店舗はどのような施策を打ったのかは、定かではないですが、前回のブログで述べたように、トウキョウベースのEC事業はアウトレット機能も有しているのでは?と推測され、9月・10月に2018年2月期のSS商材が多くECで売れたのでは?推測されます。
そう考えると、本来単価が良い秋冬商品を売りたい時期に、持ち越したSS商材がセールで多く売れ、2018年のSTのEC事業の客単価が、前年比78%にまで下がったことに影響したのでは?とも推測できます。

★商品在庫は、決算短信を見ればわかる。

しかしながら、この情報だけでは、まだ仮説としての精度が低いのも事実です。

そこで💡冒頭申しました、決算短信には貸借対照表(BS)も記載されています。BSには、棚卸資産が記載されています。しかしながら、棚卸資産には、仕掛品や資材も含まれます。
ですが、トウキョウベースのBSを見ると、商品と記載されています。これは、商品在庫と考えても間違いありません。

 

そこで、次回のブログでは売上・粗利の情報の他に、在庫をくっつけて考えてみて、2018年2月期のトウキョウベースの粗利率減の要因は何なのかを、もっと具体的に検証しています。

MSMD & Co.,Ltd
MSMD & Co.,Ltd Twitter
弊社への問い合わせ・仕事依頼はこちら

この記事をシェアする

RANKING POST

1

2020.07.07

大量生産と過剰供給は別物
2

2020.04.27

EC・通販専業ブランドも標準店舗の概念が必要なのでは?
3

2020.08.04

画面ばかり見てないで現実を見よ!

NEW POST

2021.10.14

最近見た怪しいニュースの感想

2021.10.12

週別の気温の推移を知っておくと役立つ?

2021.10.08

vol.19 「細かすぎる」と言われる男の話

2021.10.04

「メール見てないんですか?」は地雷原。

2021.10.01

MDの転職事情

CONTACT US

小売ビジネスに関するMD(品揃え政策)アドバイス・サポートを
ご希望の方はお気軽にお問い合わせください。

お問い合わせはこちら

TRADINGPERFORMANCE

取引実績

BEAMS(ビームス)
株式会社 聖林公司
株式会社 千趣会
繊研新聞社
株式会社ベイクルーズ
文化服装学院
株式会社Welleg(ウェレッグ)
無印良品
フィットネス市場
クリーデンス
株式会社コポ
株式会社StylePicks
株式会社ブリッツワークス
UNIVERSAL OVERALL
株式会社トラヤチェーン