ファッションビジネス ・リテールMDアドバイス ・マサ佐藤

MENU

ファッションビジネス ・リテールMDアドバイス ・マサ佐藤

MD目線で決算書を読む方法を教えます?⑩

★2018年2月期のAW商戦以降を考察する。

前回のブログでは、2018年期の粗利率の低下は、実は2018年2月期SS商戦のMDが問題でそれがスタートでは?ということを考察・検証しました。

MD目線で決算書を読む方法を教えます?⑨

今回は、2018年2月期の決算説明会資料にも述べらている。

 

”秋冬シーズンは、ST業態のMD計画が裏目に。
当初の目標通りの粗利得られず、成長鈍る。 春夏MDより基本に立ち返った商品構成へ回帰。”

 

このことと。更に、2019年2月期半期決算説明会資料で述べられている。

 

”総在庫金額抑制の一環として春物商品の仕入れを抑えたが、商品の品揃え鮮 度を欠いた事により上半期は苦戦 ”

 

このことが、具体的にどのようなことであったのかを?決算関連資料から見える数字で、検証・考察していきます。

 

★2018年2月期AW商戦はどうだったのか??

まずは、前回までのブログで使用した、売上・粗利・仕入・在庫を連動させた図をご覧ください。

今回は、2019年2月期の第3Qまでの数字が確定していましたので、その数字を付け加えています。

 

まずは、2018年2月期のAW商戦がどうだったのか?ということです。
AW商戦に当たる、第3Qと第4Q(9月~2月)の売上の前年比は、126%です。そして、仕入金額の同前年比は、131%です。この数字だけを見ると、さして2019年2月期半期決算説明会資料に書かれているように、在庫が急増したようには思えません。

 

しかしながら、前回のブログでも申しましたように、トウキョウベースのMDの特徴を考えると。AW商材の仕入の多くは、第3・4Qではなく、第2・3Qの比重の方が圧倒的に高い筈です。
そこで、第2・3Qの仕入金額の前年比を見てみると、163%と大きく数字が伸びています。

また、AW商戦真っ只中の第3Qの数字だけを見れば、売上は前年比の129%にたいして、仕入は167%と大きく伸びています。

 

そして、2018年2月期決算時点で在庫は翌月以降の売上原価分の3カ月以上の在庫を持っており、決算説明会資料に書かれていたように、2018年AWのMDは失敗。在庫過多に陥ったのは明白です。

 

★MDの予算設計・管理・運用が出来ていない?

何故、このようなことになるのか??理由はいくつか考えられますが、一番の理由としては、MD予算設計。そして、管理・運用が杜撰であると考えて間違いありません。

 

トウキョウベースのようなセレクト業態は、国内デザイナー等のバイイング商品は、半年以上前に発注しなければなりません。

また、オリジナル商品も国内生産といえども、国内生産の場合。デザイン・パターン。そして、工場・生地・付属。場合によっては裁断が、国内の場合は一括されているケースが少なく、前述のことが完全に揃っていないと、リードタイムが早まることはありません。

 

SPA事業とバイイングの両立は、実は精度の高い、MDスケジュールや予算設計・管理が必要となります。また、ステュディオス(以下ST)業態は、店舗バイイングに力を入れており、そのことは決算関連書類にも書かれています。

 

そうなると、更に管理が難しくなり、上記のようなことがしっかりと出来ていないと、2018年2月期AW商戦のように、立ち上がりの時期から、オーバー仕入に陥る可能性が高いということです。

 

★MDの失敗は実店舗にも、ECにも悪影響が。。。

そのことと、2018年2月期SS商材を引きずったことで、実店舗は商品で溢れ、不良在庫を早めにECでセールで展開する。そのことで、粗利率の低下。そして、以前のブログでも書いたように、ECの客単価の低下(前年比77.8%)に影響を及ぼしたと考えられます。

 

また、実店舗では、オーバー仕入のため店頭のVMDや在庫管理の業務に悪戦苦闘したと推測され、客数が低下し売上に影響を与えた。そのことを販売員の接客でカバーするため、本部から負荷の高い指示が出され、客数は減少したが、客単価は増加し、売上をリカバリーしたと考えるのが、自然です。

 

しかしながら、そのような努力も報われず、2018年2月期末時点の在庫水準は高くなっています。本来であれば、もっとセール促進し、在庫消化に励むべきだったのでしょうが、

 

・ブランド・ショップのコンセプト上そこまで思い切ったセール処置が出来なかったこと。

・残った商品でも次年度売れる商品も多くある!と慢心した?

 

このことが、2019年2月期の半期決算説明会資料の文言でも伺えます。

 

そこで、次回のブログでは、2019年2月期はどのようなショップの状態になっているのか?を決算関連資料から探っていきたいと思います。
次回もお楽しみに。

MSMD & Co.,Ltd
MSMD & Co.,Ltd Twitter
弊社への問い合わせ・仕事依頼はこちら

この記事をシェアする

RANKING POST

1

2020.07.07

大量生産と過剰供給は別物
2

2020.04.27

EC・通販専業ブランドも標準店舗の概念が必要なのでは?
3

2020.08.04

画面ばかり見てないで現実を見よ!

NEW POST

2021.10.22

新規事業を仕掛けていきたいけどアイディアが思い浮かばない…!

2021.10.19

自社商品を愛する精神がMDには必要?

2021.10.14

最近見た怪しいニュースの感想

2021.10.12

週別の気温の推移を知っておくと役立つ?

2021.10.08

vol.19 「細かすぎる」と言われる男の話

CONTACT US

小売ビジネスに関するMD(品揃え政策)アドバイス・サポートを
ご希望の方はお気軽にお問い合わせください。

お問い合わせはこちら

TRADINGPERFORMANCE

取引実績

BEAMS(ビームス)
株式会社 聖林公司
株式会社 千趣会
繊研新聞社
株式会社ベイクルーズ
文化服装学院
株式会社Welleg(ウェレッグ)
無印良品
フィットネス市場
クリーデンス
株式会社コポ
株式会社StylePicks
株式会社ブリッツワークス
UNIVERSAL OVERALL
株式会社トラヤチェーン