ファッションビジネス ・リテールMDアドバイス ・マサ佐藤

MENU

ファッションビジネス ・リテールMDアドバイス ・マサ佐藤

MD目線で決算書を読む方法を教えます?⑪

★トウキョウベースの2019年2月期を考察する。

前回までのブログでは、2018年2月期の粗利率低下の要因を、決算関連資料から考察してきました。

MD目線で決算書を読む方法を教えます?⑩

そこで、今回は、2019年2月期は、2018年2月期の反省を踏まえ、現状どうなっているのか?ということを決算関連資料から考察していきます。

 

まずは、前回もお伝えしましたが、2019年2月期の上期を、トウキョウベースがどう総括しているのか?ということを、2019年2月期上半期決算説明会資料からみてみると。。。

 

”総在庫金額抑制の一環として春物商品の仕入れを抑えたが、商品の品揃え鮮 度を欠いた事により上半期は苦戦 ”

 

と書かれています。

事実、前回使用した下記の図でもそのことは見て取れます。

2019年2月期の第1・2Qの売上の前年比は103,3%。2019年2月期のSS商材の仕入と推測される、2018年2月期第4Qと2019年2月期の第1Qを合わせた仕入金額の前年比は、97.7%と仕入を削減したことが見て取れます。

 

これが、前期の残在庫の内容等。計画がしっかりした上での仕入削減は、問題ないのですが、目先の数字だけを見た仕入削減は、当然のことながら売上に悪影響を及ぼします。

 

★2019年2月期SS商戦は大苦戦というのは、決算資料にも記載されている。

事実、2019年のSS商戦は、想像以上に不調であったとみて取れます。
決算短信には、2019年2月期上半期の既存店昨対の数字が、以下のように記載されています。

 

”既存店舗の当第2四半期累計期間の売上前年同期比は全社では88.6%となり、業態別ではSTUDIOUS業態 が83.0%、UNITED TOKYO業態が103.1%となりました。”

 

と記載されています。

私は前回までのブログで、2018年2月期のSS商戦も失敗と考察していますから、そう考えるとステュディオス(以下ST)業態は、前前年に比べ、だいぶ既存店昨対が下がっていると推測され、ST業態に関しては、かなり深刻な状況では?と捉えることができます。

 

★2019年2月期AW商戦もかなり厳しい?

では、2019年2月期のAW商戦はどうだったのか?というと?

現時点、第4Qまでの数字が入った、決算資料がない段階で、私はこのブログを書いています。

 

第3Qまでの数字は出ていますので、まずは売上の前出の図で確認すると、第3Qの売上前年比は、110.6%です。そして、仕入金額を確認すると、2019年2月期AW商戦に当たる、仕入金額は第2・3Qになります。
前年比は、114.5%です。

しかしながら、AW商戦の繁忙期に当たる、第3Qだけの仕入金額を見ると、前年比124.9%になっています。

 

おそらく、2019年2月期SS商戦の、仕入削減しすぎた!という反省から、仕入を無理に削減するのは、止めたのでしょうが、今度は寧ろ多すぎるような気がしてなりません。

事実、下方修正(上期決算説明会資料に記載)した数字を当てはめ、第4Qの予測を出すと。

 

売上は前年同時期97%。粗利率は四半期単位では、過去最低の47.6%になります。

 

しかも、この秋冬は暖冬で、多くの組織が苦戦した!というのが現状です。そのような中、仕入金額を増やし過ぎれば、どのような結末を迎えるのか?これは、誰しもが想像できることでしょう。

 

そして、2019年2月期第3Qの決算短信には、以下のような文言があります。

 

“当第3四半期会計期間(平成30年9 月1日から平成30年11月30日)の既存店舗の売上高前年同期比は94.6%となり、第2四半期会計期間(平成30年6 月1日から平成30年8月31日)に対して3.8%増加し、STUDIOUS業態が88.4%(同2.6%増)、UNITE D TOKYO業態が108.2%(同4.1%増)となりました。 “

 

ややこしい書き方です(笑)
しかし、ST事業の不振の深刻さは、最早隠しようのない事実です。
上記の文言では、第3Qの数字が上がっているように感じますが、既存店の前年比が88.4%で2.6%増。ということは💡前年の前年比は85.6%だったということです。

 

この結果。今期第3Qの数字は前前年ベースでみると、ST事業の既存店の前前年比は、75.8%まで落ち込んでいるということがわかります。

 

UT事業は、売上を伸ばしてはいますが、売上構成の6割は前後はST事業であるのが、トウキョウベースの実態です。そう考えると?第3Qの仕入金額の増加は、前述したように、2019年2月期の決算に悪影響を与える可能性が高いと言えます。

 

では、次回がこのシリーズの最終回。MD目線で見る決算分析から、トウキョウベースはMDやその他こと。どのようなことを改善していけば、いいのか!ということを考察していきます。

次回もお楽しみに。

MSMD & Co.,Ltd
MSMD & Co.,Ltd Twitter
弊社への問い合わせ・仕事依頼はこちら

この記事をシェアする

RANKING POST

1

2020.07.07

大量生産と過剰供給は別物
2

2020.04.27

EC・通販専業ブランドも標準店舗の概念が必要なのでは?
3

2020.08.04

画面ばかり見てないで現実を見よ!

NEW POST

2021.10.19

自社商品を愛する精神がMDには必要?

2021.10.14

最近見た怪しいニュースの感想

2021.10.12

週別の気温の推移を知っておくと役立つ?

2021.10.08

vol.19 「細かすぎる」と言われる男の話

2021.10.04

「メール見てないんですか?」は地雷原。

CONTACT US

小売ビジネスに関するMD(品揃え政策)アドバイス・サポートを
ご希望の方はお気軽にお問い合わせください。

お問い合わせはこちら

TRADINGPERFORMANCE

取引実績

BEAMS(ビームス)
株式会社 聖林公司
株式会社 千趣会
繊研新聞社
株式会社ベイクルーズ
文化服装学院
株式会社Welleg(ウェレッグ)
無印良品
フィットネス市場
クリーデンス
株式会社コポ
株式会社StylePicks
株式会社ブリッツワークス
UNIVERSAL OVERALL
株式会社トラヤチェーン