ファッションビジネス ・リテールMDアドバイス ・マサ佐藤

MENU

ファッションビジネス ・リテールMDアドバイス ・マサ佐藤

信じて疑わないことの怖さ

★私の大学の卒業式の日は。。。

今日は独り言のようなブログを。。。(笑)

 

春。この時期になると。私の大学の卒業式を思い出します。

私の卒業式は、地下鉄サリン事件が起こった日でした。当時、渋谷の駅を降りたら、駅の雰囲気が異様であったことが,今でも忘れられません。
(当時、携帯も持っていなかったので、そんな大変な事件だと知ったのは、朝まで飲み明かした後だったが。。。)

 

その後のニュースを見ると、事件を実行・関与したのは、高学歴の人ばかりでした。傍目から見ると、”どうして、そんなに頭の良い人が、そんなことに騙されるのか?”と。疑問に感じました。。。

ですが、人は弱ったり、困ったりしているときに、信じてしまったものは、その後は、例えどんなにその行いが間違っていようとも、信じて疑わない。ということなんでしょう。

そのことで、人は主体性をなくし、犯罪まで躊躇せずに犯す。本当に怖いことです。

 

★批判的なスタンスは得しない?

ここで話は変わり、昨今。このファッション・アパレル業界も、SNS等IT技術の発達により、以前では考えられないような職種が登場したり、カリスマも多く産まれています。

 

ここ数年のZOZOの社長などは、その最たる人の一人ではないでしょうか?

 

ここ数年、急激に業績を伸ばし有名になったZOZOには、私はかなり前から批判的なスタンスをとっておりました。

今のようにZOZOに問題が多くある?と言われる前までは、ZOZOに批判的なことを言えば、”ZOZOを信じて疑わない人”からは、何故お前は、飛ぶ鳥を落とす勢いの、ZOZO様に対してそんなに批判的なことを言うんだ!と言われたりもしました。

(貧乏人の僻みだと思われていたらしい(笑))

 

また、カリスマになった某有名ファッションブロガーは、あまりの影響力をもったせいか、自分の専門外的なことも、記事にするようになりました。

しかしながら、当然素人知識しかないのですから、間違いが多くあります。ですが、カリスマになり、多くのファン(信者)を持っていますから、そのことは拡散され、多くの人が間違った知識を”信じて疑わない。”ようになってしまいます。

(そのような間違いをおかさないよう、下記の南さんのブログをご覧ください)

http://minamimitsuhiro.info/archives/5562.html?fbclid=IwAR2fOimy0BxfszC1T9B1qy4ALoHv3C80t8IdzY-xVGccrpy7aznvrs0Y1mo

 

この業界の組織自体も、主体性をもち、疑問を呈するような人は出世ができない!ということが多いのも事実です。しかしながら、”イエスマン”ばかりを回りに揃えた組織は、危機への”気づき”が遅れ、気が付いたときにはアウト👍などということにもなりかねません。

 

★主体性を持とう!

”一度信じたものは疑わない!”というスタンスは、この業界に限らずどこにでもあることです。

しかしながら、信じる前に、

 

・一度立ち止まって深く考える。

・(物事の本質・目的を見据え)自分の行動・決断に主体性を持つ。

 

そのことが、アパレル・ファッション業界の発展のためには、大事なのではないでしょうか?

 

人は、信じて疑わないものが、間違っていたと気づかされたとき。逆に、裏切れた!という感情が、憎しみとなり、今まで信じていたものを絶対に許せないようになるのですから。。。

ファッションMD講義。マネジメント講義「正羽村塾」企業・個人問わず、受講受けつけております。ご興味のある方は、このサイト内のSERVICEという項目をご覧ください。
お仕事依頼は、このサイト内の“お問い合わせはこちら”のボタンをクリックしてください。

この記事をシェアする

RANKING POST

1

2020.07.07

大量生産と過剰供給は別物
2

2020.04.27

EC・通販専業ブランドも標準店舗の概念が必要なのでは?
3

2020.08.04

画面ばかり見てないで現実を見よ!

NEW POST

2022.09.29

ブランドの属性やショップの業態によってKPIは大きく変わるというお話

2022.09.27

「熱意ってやっぱり重要だよな~」という話

2022.09.23

2022年秋最新版/韓国トレンドリサーチ

2022.09.15

初心者が確認しておくべきアパレルECのKPIについて – GA4編②

2022.09.13

プロパー消化に拘りすぎると在庫が増加しがちな件

CONTACT US

小売ビジネスに関するMD(品揃え政策)アドバイス・サポートを
ご希望の方はお気軽にお問い合わせください。

お問い合わせはこちら

TRADINGPERFORMANCE

取引実績