ファッションビジネス ・リテールMDアドバイス ・マサ佐藤

MENU

ファッションビジネス ・リテールMDアドバイス ・マサ佐藤

昨年足りなかった商品が、今年売れるという保証はあるの?

★アパレル小売りのMDは面倒くさい_| ̄|○

最近、色んな仕事をしてきて、つくづく感じるのは、アパレル・ファッション小売業のマーチャンダイジング(以下MD)は面倒くさい。難しいなぁ~ということです。

 

理由を挙げるとキリがないのですが、商品そのものの耐久年数は年々上昇していますが、”トレンド”に代表されるように、商品の”旬”自体は短くなります。

 

先日まで放映されていた朝ドラの”まんぷく”では、チキンラーメンやカップヌードルの開発までの道程が描かれていましたが、ああいった”ロングラン・定番商品”を開発するのは、アパレル・ファッション小売業では、至難の業になります。

 

また、カップ麺・袋麺売り場のように、予め陳列棚が決まっておけば、仮に新商品が売れなくても、違うメーカーから新たなカップ麵を仕入れることができますし、基本。売れる分だけ商品フォローすればよい!ということが容易にできます。

ですが、アパレル・ファッション小売業では、中々カップ麵売り場のような、固定された品揃えは、難しいのが現状です。

 

★昨年足りなかった商品が、今年売れる保証はあるの??

それでも、昨今スタイルの多様化。トレンドの継続等で、10数年前よりは、商品の寿命も伸び、定番商品と言われるものや、昨年踏襲型と言われる商品も、この業界では、以前よりも多くなりました。

昨年踏襲型の商品が増えること自体は、私はとくにダメだとは思いませんし、その商品が顧客が求めるものであるならば、否定すべき要素は何もありません。

 

だけれども、この業界では、以下のような光景をよく見かけます。

 

”昨年ブレイクした商品が、昨年数量が足りなかったから、今年は多く発注しよう!”

 

という光景です。

この業界で、MDに携わる仕事をしている方なら、上記のようなシチュエーションに遭遇することは、多々あるでしょう。

ですが✋私には、このことがあまりにも安易にしか思えてなりません。

 

そもそも、昨年売れた商品が、今年売れる保証がどこにあるのでしょう。昨年の商品数量が足りなかったのは、昨年の発注数量が少ない!という、昨年の発注のミスでしかありませんし、今年の発注数量に及ぼす影響は、寧ろ少ない!ということを、思考のスタート地点にすべきです。

また、昨年のデータ分析から、”昨年踏襲型”の商品の、今年の発注数量を多くする!というのも一つの根拠たりえます。

ですが、数字やデータ分析は、あくまでMDにおける商品を発注するという行為の、補完的な要素でしかない!というのも事実です。

 

★商品を発注する!という行為は、何よりも重い!

MDにおける最重要な権限は、商品の発注数量を決めることができる!という権限です。
商品を発注してしまえば、その事業の売上の半分。もしくは、それ以上が決まってしまいます。

現場(店頭・EC)やPRがどんなに頑張っても、発注数量が決まった時点で半分以上は、その組織の命運が決まってしまう!ということです。

 

MDにおいて、商品を発注する!という行為は、そのくらい重い行為なのです。

 

であるならば💡上っ面だけのデータ分析だけでなく、顧客ターゲットに近い場所や、自店舗に足を運び、顧客を観察し考える。そして、そのこととデータ分析を演繹的思考で結びつけ、商品を発注する。

仮に、昨年踏襲型商品で同じ見た目でも、着心地・素材等を、より進化させる。

 

そして商品発注という行為を、安易に考えたり、常に安パイの発想で行わない!

このことが、今・現在のMDに求められることなのでは、ないでしょうか。

MSMD & Co.,Ltd
MSMD & Co.,Ltd Twitter
弊社への問い合わせ・仕事依頼はこちら

この記事をシェアする

RANKING POST

1

2020.07.07

大量生産と過剰供給は別物
2

2020.04.27

EC・通販専業ブランドも標準店舗の概念が必要なのでは?
3

2020.08.04

画面ばかり見てないで現実を見よ!

NEW POST

2021.10.14

最近見た怪しいニュースの感想

2021.10.12

週別の気温の推移を知っておくと役立つ?

2021.10.08

vol.19 「細かすぎる」と言われる男の話

2021.10.04

「メール見てないんですか?」は地雷原。

2021.10.01

MDの転職事情

CONTACT US

小売ビジネスに関するMD(品揃え政策)アドバイス・サポートを
ご希望の方はお気軽にお問い合わせください。

お問い合わせはこちら

TRADINGPERFORMANCE

取引実績

BEAMS(ビームス)
株式会社 聖林公司
株式会社 千趣会
繊研新聞社
株式会社ベイクルーズ
文化服装学院
株式会社Welleg(ウェレッグ)
無印良品
フィットネス市場
クリーデンス
株式会社コポ
株式会社StylePicks
株式会社ブリッツワークス
UNIVERSAL OVERALL
株式会社トラヤチェーン