ファッションビジネス ・リテールMDアドバイス ・マサ佐藤

MENU

ファッションビジネス ・リテールMDアドバイス ・マサ佐藤

最新のシステムを導入しても豚に真珠?

★この業界でよく見かける光景

アパレル・ファッション小売業界であるあるでよく見かける光景は、

”最新のテクノロジーやシステムの導入で、効率が上がり売上や利益が増える!”

 

といった光景です。

しかし、穿ったものの見方しかできない私は、いつもそのような論調に疑いをもち、このブログの中でも、システム等の導入だけでは、売上。利益に上がることに直結しない!と言ったような記事を多く書いてきました。

 

最新のシステムやテクノロジーは、世の中の色んなものを便利にし、その便利を享受することによって人々の生活は激変しました。
しかしながら、アパレル・ファッション小売業界では、世に言われるほど、最新のテクノロジーやシステムが、何かを大きく変えた!ということは少ないように思えます。

 

★最新のテクノロジーやシステムの導入は、アパレル・ファッション小売業界に何をもたらすのか?

ここで、視点を変え、そもそもアパレル・ファッション小売業界の場合。何故そのような最新のテクノロジーやシステムが必要になるのか?その目的とは何なのか?ということを私の独断と偏見で考えてみると。。

 

① (実務者の)作業負担の軽減
② 顧客の購買心理・動向を探り、先に活かす

 

この2点だと考えられます。

①については、この業界でもかなり進化しているように思えます。かつては、在庫状況を一つ探るのも大変でしたが、現在ではクリック一つで店舗・倉庫のリアルタイムに近い在庫を探ることが可能になりましたし、システムの活用がうまくいっている企業・組織では、会議用の資料作成等の負担も軽減されています。

 

また、店頭ではRFIDタグでの導入での棚卸作業の負担の軽減や、タブレットを活用した情報の取得等、私が販売の仕事に従事していた20年前とは、だいぶ状況も変わりました。
(しかしながら、新たなシステムの導入で逆に負担の増している組織も多くあるが。。。)

 

★人が決めたことが適当ならば、テクノロジーやシステムは効果を発揮しない!

しかしながら、②に関して言うと、これは最新のテクノロジーやシステムを導入すれば売上や利益を上げる!ということには直結しません。

このことを多くの経営者・上層部は勘違いしているように思います。

元々の商品管理や、自社の商品分析コードの定義・活用が曖昧。でたらめな組織が、そのことを改善しないで、最新のテクノロジーやシステムを導入しても、それは”豚に真珠”にしかなりません。

 

そもそものデータ分析の目的は、顧客の心理・動向を探り、この先の商品や品揃え計画に活かすことにあります。

ですが、その目的を忘れ、考えようともしない組織が、最新のテクノロジーやシステムを導入しても、結果。現場がますます混乱し、なんの費用対効果も得られない!このようなことになります。

 

最新のテクノロジーやシステムの導入で、その便利さが時代や仕事を変えるのは、今後も変わらないでしょう。
しかしながら、そのことを導入する前に、組織の目的を考え、人が決めるルール。手法等も見直し・改善することが、最新のテクノロジーやシステムを導入することよりも先にくるべきことです。

 

テクノロジーやシステムは、あくまで人が行うことの補完的な要素しかなく、人や組織が元々の目的を考え、決めたこと。そして、そのこと自体が、目的や時代に沿ってなければ、機械ではなく、人自身がそのことを変化させること。

このことが理解できない限り、この業界の最新のテクノロジーやシステムは、”豚に真珠”になり続けることでしょう。

ファッションMD講義。マネジメント講義「正羽村塾」企業・個人問わず、受講受けつけております。ご興味のある方は、このサイト内のSERVICEという項目をご覧ください。
お仕事依頼は、このサイト内の“お問い合わせはこちら”のボタンをクリックしてください。

この記事をシェアする

RANKING POST

1

2020.07.07

大量生産と過剰供給は別物
2

2020.04.27

EC・通販専業ブランドも標準店舗の概念が必要なのでは?
3

2020.08.04

画面ばかり見てないで現実を見よ!

NEW POST

2022.12.06

MDがセール前に考えておくべきことは?

2022.12.02

こんな企業/応募者はイヤだ、、、!?

2022.12.01

最近見かけた面白い販促

2022.11.29

整理整頓のススメ(2回目?)

2022.11.22

売上が低迷しているときに局面を打開するには、商品を仕入なければ打開できない?②

CONTACT US

小売ビジネスに関するMD(品揃え政策)アドバイス・サポートを
ご希望の方はお気軽にお問い合わせください。

お問い合わせはこちら

TRADINGPERFORMANCE

取引実績