ファッションビジネス ・リテールMDアドバイス ・マサ佐藤

MENU

ファッションビジネス ・リテールMDアドバイス ・マサ佐藤

磨くべきは“勘性”と“勘定”?

★先日、対談記事が掲載されました。

先日、BRITZ WORKS代表の青野睦さんと私に対談記事が掲載されました。ライティングはstyle pikesの代表深地雅也さんという豪華?ラインナップです。是非ご覧ください。

アパレルの在庫問題を解決するのはMDの精度? – 勘性とそろばんのバランス(前編)

正直に言うと、今回青野さんとの対談で、私が話した内容をあまり覚えていないのですが、記事をみると以下のようなことを言っていました。

 

”(師匠から)お前は「感性」でなく「勘性」が優れていると。これは商売勘の事ですね。でも数字に関しては無知すぎると。そこから師匠について学ぶことになったんです。”

(それにしても、この記事を読むと私の口の悪さが際立っている(笑))

★感性じゃ磨けなくとも、勘性は磨ける?

アパレル・ファッション業界では、よく”感性”が大事だということが言われています。

私自身はこのことを否定するつもるは全くありませんし、私自身も”ただの服好き”です。
しかしながら、私は服が好きであっても、業界でよく言われる”感性”というものは、私自身に全くないと自覚しています。

ですが、私の師匠に評価して頂いているように、”感性”はなくても、”商売勘”である”勘性”は備わっているようです。
(しかしながら、自分でブランド・ショップを立ち上げ創業する才能は全くないと自覚しています。)

 

”感性”は、持って生まれたものも大きく、磨くことが難しいものであると、私自身は感じていますが、”勘性”を磨くことは、誰にとってもできることである!と私は信じています。

例えば、上記の対談記事にも書いてあるように。。。

 

・目に見える当たり前の物事に疑いを持ち、逆説で仮説を立てること。
・顧客に近い場所に常に足を運び、深く考えること。

 

このことを繰り返せば、誰でも”勘性”は磨けるものです。

 

★勘性だけでなく勘定も必要!!

ですが、20年前くらいのこの業界の状況であれば、それだけでもショップ・ブランドは存続することは可能でしたが、”勘性”だけでは、このご時世。持続可能な世の中ではなくなりました。

 

今の時代は、”勘性”で仮説を立てたものを、”勘定”化し、先の計画を具体的にたて、検証可能な体制を作っておくことが何よりも重要です。

 

上記の対談記事にも書いていますが、”勘性”で閃いたものを、思い付きのようにすぐ実践するのではなく、そのことを”勘定”をし、先の前始末を行うこと。このことによって、起こりうるリスクを多少なりとも軽減することができます。

 

そして、”勘定”も”勘性”と同じように、努力すれば身につくものです。

 

アパレル・ファッション業界で、本当の意味で”感性”でメシを食っていける人は、ほんの一握りしかいません。

であるならば💡努力すれば磨くことが可能な”勘性”と”勘定”をもっと磨く努力する。このことこそ、今この業界の人たちに求められていることではないでしょうか?

 

結局。マーチャンダイジングなどというものは、マーケティングの一種であり、自分の作りたいプロダクトありきの考えとは、対局なのですから。。。

MSMD & Co.,Ltd
MSMD & Co.,Ltd Twitter
弊社への問い合わせ・仕事依頼はこちら

この記事をシェアする

RANKING POST

1

2020.07.07

大量生産と過剰供給は別物
2

2020.04.27

EC・通販専業ブランドも標準店舗の概念が必要なのでは?
3

2020.08.04

画面ばかり見てないで現実を見よ!

NEW POST

2022.09.29

ブランドの属性やショップの業態によってKPIは大きく変わるというお話

2022.09.27

「熱意ってやっぱり重要だよな~」という話

2022.09.23

2022年秋最新版/韓国トレンドリサーチ

2022.09.15

初心者が確認しておくべきアパレルECのKPIについて – GA4編②

2022.09.13

プロパー消化に拘りすぎると在庫が増加しがちな件

CONTACT US

小売ビジネスに関するMD(品揃え政策)アドバイス・サポートを
ご希望の方はお気軽にお問い合わせください。

お問い合わせはこちら

TRADINGPERFORMANCE

取引実績