ファッションビジネス ・リテールMDアドバイス ・マサ佐藤

MENU

ファッションビジネス ・リテールMDアドバイス ・マサ佐藤

ZOZOのPBは既製品?決算書を調べてみた(後編)

★商品在庫金額が増えていることへの反論は??

今回は前回のブログの後編になります。前回のブログは下記よりご確認ください。

ZOZOのPBは既製品?決算書を調べてみた(前編)

前回。問題提起した点は下記の点でした。

”この1年半ほどで(ZOZOの)商品原価金額が20億円増え、約3倍になっている。”

ということでした。

しかも、その20億という在庫原価金額の水準は、年間売上200億。粗利率50%。年間在庫回転率5(在庫回転日数約73日)という組織が必要な在庫水準です。

しかしながら、この事実だけを見ても、おそらく信者たちは反論することでしょう。以下反論が来そうなことを記述すると。

① PB商品用の資材分だろ!

② 買取事業・ZOZOUSEDの在庫が単純に増加しただけだろ!

ざっくり考えてこのことだと推測されます。以下その推測される反論にお答えします。

 

★①の疑問に対する回答

①の疑問に関してですが、2017年期末から2018年期末にかけて在庫が約10億円。2018年期末から2019年期第2Qまでの間で約10億円在庫が増えています。
しかしながら、前回のブログで指摘した通り、これは棚卸資産の増加でなく、商品の増加分です。

事実、決算書の営業キャッシュフローの棚卸資産の増減を調べると、2018年期末から2019年期第2Qまででは、約14億の棚卸資産が増加しています。商品との差異は約4億円です。

ということは?この差異分が、オーダースーツ等の資材金等に当たると考えた方が自然です。

また、2018年期末まで数千万円程度でしか推移してなかった買掛金が、今期に入ってから突如約16億円に増加しています。

買掛金とは一般的には仕入金額の未払い分になります。

この半期で16億増加ということは?商売の特性を考えても、ZOZOUSEDの買掛金の急な増加はありえませんから、この金額はPB関連の資材を含めた仕入未払金というのは明白です。
(また、仕入先に対しての入金条件が異常に厳しいのでは?とも推測できる。)

 

★②の疑問に対する回答

②の疑問に関してです。

2018年期の在庫増加の要因はZOZOUSED等買取事業のみの在庫増加であると考えられます。

(買掛金の異常な増加も2019年期からなので、これは間違いない。)

理由としては、2018年期は、粗利率が過去数年よりも高いことから、仕入金額に見合ったセール施策が出来ておらず、在庫が倍増したと考えるのが妥当です。現に、2018年期の推計在庫回転日数は約86日。売上原価÷仕入原価→消化率は約89%です。

(2016年期も同様の理由で在庫が倍増している。推計在庫回転日数91日。上記の消化率で87%)

そして、2019年期からの在庫増加は、PBと思しき商品の在庫増の可能性が高いと言えます。

確かにZOZOUSEDの売上も増えています。
(2018年期前年比約123%。2019年期第2Qまで前年比約116%)

但し、2018年期は前述したように、買取関連事業は在庫が倍ほどに膨れ上がってしまいました。

ということは💡今年は在庫を減らしにかかる年になります。仕入も抑制気味になるでしょう。

事実第2Qまでは、売上原価が上がり昨年の同時期より7~10%ほど粗利率が下がっています。結果、商品を安くして売上点数が大きく増える分、在庫は増えにくくなります。

しかし、2019年期は僅か半年で在庫が約10億増えています。

仮に2017年期の高めの在庫回転(この年も粗利率が低く、期での推計在庫回転日数72日。売上原価÷仕入原価→消化率が100%)を2019年の買取関連事業の在庫算出に使用すると、以下の表の在庫金額になります。

 

すると、PBと思しき在庫原価金額は、第2Q時点で9億円以上という金額になります。

この金額が正解かはわかりませんが、2019年期の買掛金約16億は上記でも触れたように、ほぼPB関連の仕入未払金と考えられるので、PB関連の在庫が存在することは最早隠し難い事実でしょう。

 

★まとめ。PBのジーンズ・Tシャツは既製品では?

これまで、2回に渡って決算書からみる分析をMD的な視点で試みてきました。その結論は?

”この商品の在庫金額増加は、ZOZOUSED等の在庫金額増加を加味しても、PB(ジーンズ・Tシャツ等)のオーダーではない既製品の在庫と捉える方が自然ではないか。”

という結論に達します。

その理由としては

・ZOZOスーツで測定し、ジーンズやTシャツを注文すれば、2・3日で商品が届くという証言を多々得ているということ。

・渋谷で”ジーンズの無料お試しクーポンの配布”がSNSに話題になったが、”在庫が多く残っている!”と仮定すると、その施策は合点がいくこと。

・今期に入ってからの買掛金の異常な増加。

・前期、在庫が倍増したZOZOUSEDの在庫は、必ず減らしにかかる。最低でも増えないように意識する。現に今期は売上原価が上昇し粗利率が下がっているということ。

・前澤社長はZOZOスーツは“広告宣伝費”で計上すると、過去に発言していて、在庫計上している可能性が限りなく低いこと。

以上の理由から上記の結論に達します。

このことから、現在アプリで運用されている企業秘密の新技術いうのは、まだ完成などしておらず、

”サイズ展開・在庫が豊富にあるから、身長・体重・性別等入力するだけで体型にあった既製品がすぐに届く!”

と考えるのが一番自然です。

(だからオーダースーツ等は運用出来ていない)

事実。ある工場関係者によると”ZOZOのジーンズは800SKUある既製品”との証言もあります。

最後に、仮に私の推測が当たっているとして、PB(ジーンズ・Tシャツ等)1点辺りの商品原価を1,500円だと仮定すると??

 ”約9.4億÷1,500円=約63万点”

もの商品が倉庫に眠っていると推測されます。

もしも、このことが事実なのであれば、

ZOZOスーツは在庫問題を改善するためのものではなく、寧ろ”新たな在庫問題”を引き起こすだけのものでしかなかった!”

と言えるのではないしょうか??

決算書を分析する限り、私の目にはそう見えます。

このことで、“いやそれは違う!”“ZOZOのPBに商品在庫なんてない!”“社長を信じている!”

と言われる信者も、まだまだ多々おられると思います。

だとすれば、そのような信者。また株主・顧客の為にも、得意の企業秘密などとの発言を連発せず、上場企業として、透明性のある情報を開示すれば良いだけの話ではないでしょうか?

(11月12日。追記)

ZOZOがパターンオーダーだと明言しているものは、大量のSKUの作り置きがある既製品だということが判明しました。自ら認めています。(笑)

今後のエベレストほど高い、PBの売上目標を考えれば、更に仕入を増やさざる得ず、在庫の増大が懸念されます。

このことで資金繰りの悪化。多大な評価損の計上などでの損益悪化も懸念され、見た目の派手さとは違い、今後会社組織の危機に陥る可能性も高いと言えるでしょう。

繊研新聞社主催で12月14日。(株)stylepicks代表深地雅也さんと弊社代表マサ佐藤で「ECにおける在庫問題を解決する5つの手法」というタイトルで、トークショー開催します。ご興味のある方は是非ご参加ください🙇‍♂️https://senken.co.jp/posts/inventoryinecbusiness-seminar?fbclid=IwAR1hPgrGB9Bn1QKNDEBGjVfMTYBi2FkF3hIEf5drr121RKC0BfaZUh7Ymy4

 

ファッションMD講義。マネジメント講義「正羽村塾」企業・個人問わず、受講受けつけております。ご興味のある方は、このサイト内のSERVICEという項目をご覧ください。

お仕事依頼は、このサイト内の“お問い合わせはこちら”のボタンをクリックしてください。

 

この記事をシェアする

RANKING POST

1

2020.07.07

大量生産と過剰供給は別物
2

2020.04.27

EC・通販専業ブランドも標準店舗の概念が必要なのでは?
3

2020.08.04

画面ばかり見てないで現実を見よ!

NEW POST

2021.10.22

新規事業を仕掛けていきたいけどアイディアが思い浮かばない…!

2021.10.19

自社商品を愛する精神がMDには必要?

2021.10.14

最近見た怪しいニュースの感想

2021.10.12

週別の気温の推移を知っておくと役立つ?

2021.10.08

vol.19 「細かすぎる」と言われる男の話

CONTACT US

小売ビジネスに関するMD(品揃え政策)アドバイス・サポートを
ご希望の方はお気軽にお問い合わせください。

お問い合わせはこちら

TRADINGPERFORMANCE

取引実績

BEAMS(ビームス)
株式会社 聖林公司
株式会社 千趣会
繊研新聞社
株式会社ベイクルーズ
文化服装学院
株式会社Welleg(ウェレッグ)
無印良品
フィットネス市場
クリーデンス
株式会社コポ
株式会社StylePicks
株式会社ブリッツワークス
UNIVERSAL OVERALL
株式会社トラヤチェーン