ファッションビジネス ・リテールMDアドバイス ・マサ佐藤

MENU

ファッションビジネス ・リテールMDアドバイス ・マサ佐藤

卸売りも小売りもMDの目的は同じでは?

★卸売と小売りを両立している組織の特徴は?

アパレル業界には、小売りと卸売を両立して行っている組織が多くあります。
商品のミニマムロットや直営店を増やすリスクを考えれば、このような方針は間違いではありません。そして私自身も、そのような組織から仕事を受ける場合があります。

小売りと卸売を両立している組織の特徴を、以下私の独断と偏見で簡単に記すと。

・小売専業でオリジナル商品を展開しているところより発注タイミングが早い
・年2回~6回程度の展示会ベースでのMD設計
・卸売と小売り(直営店)の商品の売れ筋の傾向が異なる

他にもあるとは思いますが、こんなところでしょうか。

 

★卸売の売上が良いからと満足するMD・商品企画

このような組織でよく見られる傾向は、

”(MDと商品企画が)卸売の売上で満足してしまう!卸売の売上が良ければ、自分の仕事の目的を果たした!と勘違いしているところです。”

このような組織は、先に卸売の売上が確定しまうわけですから、卸売の売上が良かった場合には、上述したように、自分たちの仕事の成果に対して満足してしまうようになります。言い換えれば、(卸先の)バイヤー・MDに商品を多く受注してもらうこと!が、仕事の目的である!と勘違いするようになります。

そして、この組織の小売り(直営店)の売上が芳しくなかった場合には、店頭・販売の現場を責めるようになり、

”小売り(直営店)が売れないのは、自分たちの責任ではなく、販売の責任!”

と、責任を転嫁するようになります。

 

★バイヤーに受注してもらうことが、仕事の目的ではない!

しかしながら、卸先のショップコンセプトは、当然のことながら、その組織のブランドコンセプトとは違います。商品をバイイングする際のMD・バイヤーの特徴として。

① 単純にその商品が売れるか売れないか?
② その商品が存在することによって、他の商品と相乗効果を生み、全体の売上が上がるか?

ということを考慮しながらバイイングしている筈です。
ですから、特に②のような理由で、卸先のバイヤーからの受注が多くついたからといって、自社の直営店で売れる!とは限らないのです。

また、昨今。特にセレクトショップの店頭など見ていると、バイヤーがズレた発注をしている!ということは、明白です。例えば、セール時に過度なセールをしているブランドの商品の側で、同じブランドの新商品が多く展開されているという光景を良く見かけます。その程度の目利きしかないバイヤーからの評価を鵜呑みして、自分たちの仕事に満足しては、絶対にダメだ!ということです。

 

★小売りも卸売も、目指すべきところは同じはず

卸売と小売りを両立している組織のMD・バイヤーは、常に卸先で自分たちの商品がどのように売られているのか?ということを、足を使い定点観測し、その商品が顧客に支持されていないような扱いを店頭で受けていた場合は、考え方をすぐに修正しなければなりません。

また、上述したように、商品の発注タイミングがかなり早いわけですから、商品の発注を終えたあとは、卸売の売上に満足するのではなく、直営店が”気持ちよく商品を売ることができる”ように、全力で、直営店のサポート・環境作りをしなければなりません。

卸売の売上とバイヤーからの評価に満足し、”小売りが売れないのは、自分たちの責任ではなく、販売の責任!”と、責任を転嫁するMDや商品企画は、すぐにその職を辞した方が賢明でしょう。

MD・商品企画の仕事の目的は、卸先のバイヤーに満足してもらうことではなく、その先にいる顧客に商品を購入して頂き、更に言えば喜んでもらうことです。そこに、卸売の小売りの違いはありません。

今回のブログが、そのようなMD・商品企画の意識が変わることに繋がれば幸いに思います。

MSMD & Co.,Ltd
MSMD & Co.,Ltd Twitter
弊社への問い合わせ・仕事依頼はこちら

この記事をシェアする

RANKING POST

1

2020.07.07

大量生産と過剰供給は別物
2

2020.04.27

EC・通販専業ブランドも標準店舗の概念が必要なのでは?
3

2020.08.04

画面ばかり見てないで現実を見よ!

NEW POST

2021.10.14

最近見た怪しいニュースの感想

2021.10.12

週別の気温の推移を知っておくと役立つ?

2021.10.08

vol.19 「細かすぎる」と言われる男の話

2021.10.04

「メール見てないんですか?」は地雷原。

2021.10.01

MDの転職事情

CONTACT US

小売ビジネスに関するMD(品揃え政策)アドバイス・サポートを
ご希望の方はお気軽にお問い合わせください。

お問い合わせはこちら

TRADINGPERFORMANCE

取引実績

BEAMS(ビームス)
株式会社 聖林公司
株式会社 千趣会
繊研新聞社
株式会社ベイクルーズ
文化服装学院
株式会社Welleg(ウェレッグ)
無印良品
フィットネス市場
クリーデンス
株式会社コポ
株式会社StylePicks
株式会社ブリッツワークス
UNIVERSAL OVERALL
株式会社トラヤチェーン