ファッションビジネス ・リテールMDアドバイス ・マサ佐藤

MENU

ファッションビジネス ・リテールMDアドバイス ・マサ佐藤

販売の仕事に従事されている方々に”粗利益”の重要性を伝えよう!

★販売員時代の私は、粗利益を知らなかった。

先日、以下のようなツイートをしたところ、そこそこ反応がありましたので、今回はこのことについて記事にしていきます。

かつて販売員をしていた私は、店舗の売上ばかりを追いかけていました。勿論、これは私だけではなく、本部の方もそうでしたし、店舗や販売員の評価基準も基本的には、売上を基準としていました。これは、私が販売員をしていた20年前の状況と、今もあまり変わりはないでのではないでしょうか?

私が当時、働いていたショップはセレクト業態であったので、ODM商品や他社仕入の仕入伝票から掛率なる言葉を覚え、なんとなくですが、メーカーによって掛率(仕入原価率)は、全く違うのだなぁ~ということに気づくことができました。

それから、本部の仕事を経験することによって、掛率(原価率)を引き下げることが、なんとなく会社の利益に繋がるのだな?ということを、自然と覚えていきました。ですが、きちんとした会計学の教育を受けていたわけではなかったので、MDになった当時も粗利益が重要だ!ということを全く知りませんでした。

 

★粗利益の重要性を販売員の方々に理解してもらうことが重要

私は、繊研新聞の紙上やその他の場でも、事あるごとに。

”店長には損益計算書の教育を!販売員には粗利益の教育を!”

ということを申し上げています。更に言えば、損益計算書の基本的な構造を販売員には教育すべきです。何故このようなことを申すのかと言いますと、もしも私に師匠から教えもらった今のような知識があれば、私が販売員・店長だったころに、もっと良い仕事が出来たのでは?という後悔の念があったからです。

損益計算書の基本的な構造は?

上記の図のような構造になっています。

会社の本業の儲けを表す”営業利益”を計算式に表すと?

→営業利益=粗利益高-販管費

となりますから、粗利益高が大きくなればなるほど、営業利益がプラス。所謂黒字の状態になりやすくなります(粗利益>販管費)。この構造を販売員の方々にも理解してもらうことが重要です。

 

★なぜ、自社商品を多く売れた方がいいのか?

例えば、多店舗展開をしているセレクト業態でのあるあるとして。

”なぜ、オリジナル商品を多く売らねばならないの?”

という声がよく上がります。
その問いに対する一つの回答として、(一般的には)自社商品の方が、他社仕入商品よりも(仕入)原価率が低いですから、オリジナル商品を多く売った方が組織としての粗利益が高く、利益を出しやすい!ということも、疑問に対する答えとなりうるでしょう。

例えば、オリジナル商品の仕入原価率が35%で他社仕入商品の仕入原価率が50%の場合。
仮に、あるショップの(セールしない)売上が100万円で、下記2つのパターンがあったとすると。

A 全部オリジナル商品が売れた場合。粗利益65万円。
B 全部他社商品が売れた場合。粗利益50万円。

となります。

仮に、全部他社商品を売って、Aと同額の粗利益を獲得するには?

→15万円(上積みの粗利益高)÷50%(セールしない他社商品の粗利率)=30万円(必要売上)

となり、30万円分もの上積みの売上が必要となります。この売上を上積みすることの大変さは、販売員の方であれば理解できることでしょう。また、オリジナル商品は、自分たちの店にしかないのですから、お客様にショップ・ブランドのファンになってもらう!という1番の近道です。但し、オリジナル商品が全然ダメで売れない場合は、当然のことですが、売れる他社商品で売上を作ることを実践すべきです。

 

★整理整頓をすることは売上を上げることと同じくらいに重要

また、粗利益の重要性を説明するのに、ロスの話も効果があります。

例として、年間の売上1億円。粗利益率40%のショップがあるとします。仮に、この組織でロス率が0.5%改善すれば、50万円の粗利益が増えたことと同じことです。

この50万円の粗利益を売上でカバーしようすると、このショップの場合は。

→50万円(粗利益高)÷40%(粗利率)=125万円(カバーする分の売上)

となります。

ショップのロスが増える主なる要因は、ショップの整理整頓がなされていないことです。この業界では、

”店長にロス率はくっついてくる!”

とも言われ、店長の評価基準にしている組織もあるくらいです。

ショップの整理整頓をきちんとしておくということは、前述した例からも見られるように、売上をアップすることと同じくらい重要である!ということを、ショップの販売員の方々にも認知してもらうことは、大事なことです。

 

★粗利益=付加価値

更に、私のMD講義の中で項目に。”粗利益を考える”という項目があります。

これは、会計学で言う粗利益は。

”粗利益=付加価値(生産によって付け加えられた価値)”

という観点から、受講者の皆様方とともに(商品の)付加価値とは何かを?皆で考え、議論するといった内容の講義です。

”原価率50%だから良い商品!!”

とわかるような?わからないような?訳のわからないことを言って、そのことを販売員に周知させているような組織もありますが、視点を変えれば、その商品は”付加価値が少ない商品!”とも見ることもできます。”価格以上の価値をお客様が感じる商品!”というものは、確かに付加価値にはなりますが、原価率の高さだけで、商品の良し悪しは測れませんから、販売員の皆様方にも、そういった”付加価値”という視点から、粗利益を考え、自社の商品を見つめ直す!といった機会を与えることも、教育の一環として必要なのではないでしょうか?

 

確かに、”売上を多く獲得する!”ということは、粗利益を多く獲得するための最善の策にはなります。ですが、アパレル小売業の販売現場における”売上至上主義”は、もう限界なのではないでしょうか?それこそ持続可能な組織になるには、粗利益の重要性を実務者に教え、伝えること。そして、企業・組織として、販売員等の現場の実務者に対する人材教育に力を入れる!このことを訴えて、今回のブログは、終了致します。

MSMD & Co.,Ltd
MSMD & Co.,Ltd Twitter
弊社への問い合わせ・仕事依頼はこちら

この記事をシェアする

RANKING POST

1

2020.07.07

大量生産と過剰供給は別物
2

2020.04.27

EC・通販専業ブランドも標準店舗の概念が必要なのでは?
3

2020.08.04

画面ばかり見てないで現実を見よ!

NEW POST

2021.10.22

新規事業を仕掛けていきたいけどアイディアが思い浮かばない…!

2021.10.19

自社商品を愛する精神がMDには必要?

2021.10.14

最近見た怪しいニュースの感想

2021.10.12

週別の気温の推移を知っておくと役立つ?

2021.10.08

vol.19 「細かすぎる」と言われる男の話

CONTACT US

小売ビジネスに関するMD(品揃え政策)アドバイス・サポートを
ご希望の方はお気軽にお問い合わせください。

お問い合わせはこちら

TRADINGPERFORMANCE

取引実績

BEAMS(ビームス)
株式会社 聖林公司
株式会社 千趣会
繊研新聞社
株式会社ベイクルーズ
文化服装学院
株式会社Welleg(ウェレッグ)
無印良品
フィットネス市場
クリーデンス
株式会社コポ
株式会社StylePicks
株式会社ブリッツワークス
UNIVERSAL OVERALL
株式会社トラヤチェーン