ファッションビジネス ・リテールMDアドバイス ・マサ佐藤

MENU

ファッションビジネス ・リテールMDアドバイス ・マサ佐藤

GA4を活用したWEB広告の分析方法あれこれ

先月、ミウラタクヤ商店さんと対人マンさんの三人でスペースをやりまして、お題としては「GA4を活用した広告の分析方法」でしたが、すっかりブログにするのを失念しておりました…。やや時間が経ってしまいましたが、深地がお話した内容について簡単にまとめておきますので、復習がてらご覧頂けましたら幸いです。

■間接効果とは?

広告の分析にて、まず理解しておきたいのは「間接効果」について。ていうか、これ以前にもちょっと書いてるんですよね。

アパレルECで間接効果はどんな時に見るのか?

アパレルECで間接効果はどんな時に見るのか?

実はお話した最初の1/3程度はこちらの内容です。そんな訳で、間接効果について詳しく知りたい方は上記記事をご参照ください。

補足としましては、GA4のユーザー判定は「USER ID」「Googleシグナル」「CookieID」の3つなのですが、instagram経由のユーザーと検索ユーザーが同一ユーザーとしてカウントされるケースなどが散見されます。instagramのアプリからECサイトに流入したユーザーがGoogleアカウントにログインしているケースはほぼ無いと思われますので、推定でユーザー判定しているのかもしれません。(USER IDを拾っていないECサイトでも同一ユーザーとして判定されるのでちょっと謎…。)

■経路データ探索

次に探索を使った分析方法をご紹介します。まずは「経路データ探索」から。

上記のように、発生したイベントごとに経路を追うこともできますし、ページパスに変更も可能です。チャットボットのクリックをイベントに設定しておくと、そのクリックイベント発生から次にどのページへ遷移したのか?など、組み合わせて使うこともできますね。

広告の分析で活用するなら、セグメント機能でまずは広告経由のセッションを絞り込んでおくと良いでしょう。広告で設定したランディングページを始点に設定し、そこからどういう経路を経て購入に至ったか?などが確認できます。広告なら直接、誘導したいページに遷移させることは可能ですが、オーガニックの場合はトップページからの流入が多いので、その場合も活用しやすいですね。instagramでもアカウントのプロフィール欄に誘導する広告を使う方もいらっしゃるでしょうから、その場合もこの経路データ探索は重宝します。

■ファネルデータ探索

次はファネルデータ探索を活用します。こちらではユーザーが起こしたアクションごとに、「どこで離脱したか?」が図で確認できます。例えば、

上記のように、広告で流入したユーザーが商品詳細ページへ遷移(view_itemというイベントが発生)した後、購買に至ったというステップを設定。どこで離脱が多かったか?で、改善点を調査するというレポートですね。購買に至る前に、「カート追加(add_to_cart)」や「決済情報の入力(begin_checkout)」なども設定可能です。(推奨イベントの設定は必要です。)

■セグメントの重複

続いてはセグメントの重複です。こちらはセグメントしたユーザー同士がどの程度、重複しているか?を確認するものですね。広告ユーザーが検索行動を起こしたり、はたまたメルマガ等で再訪しているか?が確認できますし、ga_session_numberをカスタムディメンションに設定しておけば、「累計訪問回数が3回以上のユーザー」のようなセグメントも作成可能です。

これらの重複を見ることで、広告がしっかりとリピーターとして定着したかどうか?も簡単に追うことができますね。

 

広告の分析の際は上記だけでなく、Google広告側のデータも合わせて見ないと中々詳細に精度を測れないのですが 、GA4側でもこれだけ見れるのは知っておいた方が良いでしょう。個人的には、最後の判断は営業利益が増えたかどうか?だと考えておりますので、

アパレルECでWEB広告費はいくら使ったら良い?

アパレルECでWEB広告費はいくら使ったら良い?

PLを見ながらでないと検証は不可能だと考えております。初期はROASが悪化しても新規獲得を促進したい、というケースもあるかとは思いますが、アパレルの場合は違う広告宣伝の方が新規獲得に向いている事が多いですし、その補助としてWEB広告を使う方が機能しやすいとは思います。どんなケースにも当てはまる正解などありませんので、場面に応じてレポートを使い分けて頂ければ幸いです。

この記事をシェアする

RANKING POST

1

2020.07.07

大量生産と過剰供給は別物
2

2020.04.27

EC・通販専業ブランドも標準店舗の概念が必要なのでは?
3

2021.10.29

YouTubeは稼げるのか?!YouTube登録者1,000人のリアルな収益を発表

NEW POST

2024.03.01

再入荷お知らせの店舗版がリリース!店舗の機会ロスを可視化し、アプローチ可能にする日本初の取り組みとは?

2024.02.29

アパレルECの担当者はどうしたら育つのか?

2024.02.27

店頭のリサーチはどうすれば良い?(マサ佐藤編)

2024.02.22

リピート率はどうしたら上がる?

2024.02.20

在庫回転(日数・率)だけ切り取って論じても意味がない?

CONTACT US

小売ビジネスに関するMD(品揃え政策)アドバイス・サポートを
ご希望の方はお気軽にお問い合わせください。

お問い合わせはこちら

TRADINGPERFORMANCE

取引実績