ファッションビジネス ・リテールMDアドバイス ・マサ佐藤

MENU

ファッションビジネス ・リテールMDアドバイス ・マサ佐藤

MDにとって2月末決算がありがたい理由

★2月末決算がMDにとってありがたい理由

先日の特別記事の中で、ユナイテッドアローズ(以下UA)は、決算日を3月末から2月末に変更した方が、妙なテクノロジー(AIやDX)をを導入するよりも、在庫過多問題の解決が早くなるのでは?ということを記事の一部分で書きました。

(特別記事2)決算書からみるMD戦略変更の難しさ

先に、その理由を以下MDとしての視点で箇条書きしますと。。。

❶ MD予算設計がややこしくなる→特に仕入予算
❷ 決算日とシーズン区分・販売終了日とずれるから

このことになります。では、以下その理由を記載していきます。

 

❶ MD予算設計がややこしくなる→特に仕入予算

基本的に、会社・組織の管理会計で年間単位で使用する帳票は、会社の決算月を末月として作成されています。例えば、店舗別の売上・粗利予算表がその代表的なものです。当然、事業部単位で作成されるMD予算は、その店の売上・粗利予算の積み上げになりますから、これも同様です。会社の決算月が2月だとすると、3月1日~翌年2月28日で予算設計を行うということになります。これが、3月末決算ですと、4月1日~翌年3月31日で予算設計を行うということになります。

極稀に、会社の決算月が3月末でも、3/1スタートで売上・粗利等の予算を組めば良いではないか?という意見があります。しかしながら、それでは経営数字の予算・目標と各事業の予算が一致しないことになりますから、二度手間等無駄が多く発生します。この考え方は、本末転倒でしかありません。

では、話を戻し何故3月末決算は、何故MD予算設計。特に、仕入予算を組むことがメンドクサイのか?と言いますと。。。

3月末の店頭の状態を想像してもらえば、そのことがなんとなく理解出来るのではないでしょうか?3月末の店頭を想像すると、春物は売り終わりの商品が多くなります。

例えば、スプリングコートなどは、もう売り終わりに近い時期になります。その他春物商品もそのような商品が多いことでしょう。ということは?3月末が決算の組織は、春物商品の仕入予算は、ほぼ全てと言って良いというくらいに、前期の売上に準じて仕入予算を設計しなければならない!ということになります。また、場合によっては、夏物の予算も前期に計上しなければならない!でしょう。

基本。2月末決算にしても、3月からは、商品のほぼ全てを春物商品で売るのだから、前期の仕入予算では?という話になりますが、確かにその通りです。ですが、2月までに仕入した商品が実際売れるのは、3月からが主体となりますから、2月末までに春物商品で店頭をすべて埋める!という計画が立てやすくなります。下記の図は参考図です。


上記の図は、2月末決算の場合のMD予算設計のフォーマットになりますが、これが3月末決算で1ヶ月ずれるだけでも、メンドクサそう!というのは、読者の皆様にも理解できるのではないでしょうか?実際、3月末決算でもMD予算設計を緻密に行うことは可能ですが、特に春物商品が殆どの売上を占める3月が、前期計上になることで、予算設計する際にややこしさが増し、春物商品仕入予算を設計することが適当・いい加減になるおそれがあります。そのようなことから、3月末決算である組織に春物商品のオーバー仕入が見て取れる傾向があるのは、このことも要因の一つでしょう。

 

❷ 決算日とシーズン区分・販売終了日とずれるから

これも、❶と連動し似たようことではありますが、このアパレル小売り業界の冬物の売り終わり、販売終了日は、2月28日と設定できるところが多いでしょう。

そのように考えると、2月末の冬物の売り終わり(ファミリーセール・アウトレット売も含む)。そして、春物商品に店頭が、ほぼ入れ替わっているあろうこの時期に決算日と(冬物の)販売終了日が同一日というのは、アパレル小売業の組織にとっては、大きな節目となりますから、その日にちが一致している!いうのは、組織全体の目標設定・検証等の面からみても好ましいことです。このことから考えると、8月末決算もベターな選択とも言えるでしょう。(UNIQLOは8月末決算)

また、付加価値が高くセールをしない組織は、1月末や7月末に決算日を設定しても良いかもしれません。決算月・日の設定というのは、組織それぞれに事情があり、日にちを選定するのも組織の自由です。ですが、日本の会社組織が3月末決算の組織が多いというのも理由があります。
(下記の記事は、そのことがわかりやすく記載されているので、興味のある方はご覧くださいm(__)m)

”日本企業の決算日、「3月末」が多い4つの理由”

しかしながら、服という、工業製品としての鮮度は下がらず、商品自体の鮮度が下がるものを、在庫として持たねばならないアパレル小売業の場合は、その組織・ブランド・ショップのコンセプトと、決算月が連動させる!ということは、昨今問題になっている在庫過多問題においても、大きな意味があります。ですから、機能するかどうかもわからない、AIやDX(デジタルトランスフォーメーション)を推進し、大きいお金を使う前に、一度、自社の決算月をコンセプトと結び付け考えてみる。そして、そのことによる弊害が大きいと判明したならば、そのことを一度見直してみる方が、名ばかりデジタルの推進よりも、よっぽど有意義ではないでしょうか。

MSMD & Co.,Ltd
MSMD & Co.,Ltd Twitter
弊社への問い合わせ・仕事依頼はこちら

この記事をシェアする

RANKING POST

1

2020.07.07

大量生産と過剰供給は別物
2

2020.04.27

EC・通販専業ブランドも標準店舗の概念が必要なのでは?
3

2020.08.04

画面ばかり見てないで現実を見よ!

NEW POST

2021.10.22

新規事業を仕掛けていきたいけどアイディアが思い浮かばない…!

2021.10.19

自社商品を愛する精神がMDには必要?

2021.10.14

最近見た怪しいニュースの感想

2021.10.12

週別の気温の推移を知っておくと役立つ?

2021.10.08

vol.19 「細かすぎる」と言われる男の話

CONTACT US

小売ビジネスに関するMD(品揃え政策)アドバイス・サポートを
ご希望の方はお気軽にお問い合わせください。

お問い合わせはこちら

TRADINGPERFORMANCE

取引実績

BEAMS(ビームス)
株式会社 聖林公司
株式会社 千趣会
繊研新聞社
株式会社ベイクルーズ
文化服装学院
株式会社Welleg(ウェレッグ)
無印良品
フィットネス市場
クリーデンス
株式会社コポ
株式会社StylePicks
株式会社ブリッツワークス
UNIVERSAL OVERALL
株式会社トラヤチェーン