ファッションビジネス ・リテールMDアドバイス ・マサ佐藤

MENU

ファッションビジネス ・リテールMDアドバイス ・マサ佐藤

そこのあなた?値引きしすぎでは?~中編~

前回の記事では、(セール時)にOFFしすぎないためには、どのようになことが必要なのか?ということについて記載しました。

そこのあなた?値引きしすぎでは?~前編~


商品のセール価格を設定する前の前準備として。。。

① 先の売上を予測する(先の売上の見通しを算出する)
② 在庫金額ターゲットを定める
③ 粗利率のターゲットを定める

この過程を辿ることで、上記の目標に達する必要な売上原価。ある意味、売上点数の目安がわかり、また同時に、組織の値入率が把握できていれば、値入率と粗利率の差から、上記の目標数値に達するためのOFF率(値引き・割引率)が算出できます。このことができれば、前準備が整うということになります。

 

★架空の組織を基に、セール価格設定を考えてみよう!

今回のブログでは、簡単な例を用い、セール価格決定までにすべきことを、できるだけ皆様にわかりやすくお伝えしていこうと思います。ですが、流石に文章で細かいことまでお伝えするのは、中々難しいことですし、個々の組織で、状況も違うことだと思いますので、あくまでご参考程度の手段である!と捉えて頂ければ幸いですm(__)m

今回のある架空の組織の数字を例にお伝えしていきます。ある組織の前提条件を以下、皆様にお伝えしますと。。。

① 現在は、6月10日前後。売れていないので、店頭一部セール実施済。
② 今回は春夏商品のみで表を作成。商品の仕入原価率は35%
③ 6月~8月の売上予測は過去データ等を基に算出。期首在庫原価は1,000万円。6月に仕入原価500万入荷予定。
④ 春夏商品なので、目標は8月末に在庫を0にすることが目標。
(在庫が多すぎて0目標を立てるのが無理!という組織も多くあるでしょうが、今回はご容赦ください)

このことを条件に、この組織のMDは下記の図を作成し、各月の粗利率ターゲットを算出しました。

(*各月の売上予測・粗利率ターゲット・在庫金額は、表で確認してくださいm(__)m)

この表の各月の粗利率のターゲットから、各月のOFF率を算出すると。
6月22.2% 7月41.7% 8月57.6%と、このように月ごとのOFF率の目安が出てきます。これで、各商品のセール価格を設定する!という前準備が完了します。

 

★セール価格決定までの手順

ここから、各商品のセール価格決定までの手順をお伝えすると。

1. 6月の売上シミュレーションを単品ごとに行い、6月時点末在庫数の予測を算出
2. 6月末の在庫数と6月売上点数を基に、在庫消化日数等を算出
3. 在庫消化日数や商品そのものの位置づけ(特に6月入荷商品)を基に商品をランク分けし、価格を決定
4. ランクに応じ、商品単品ごとに7月の売上・在庫シミレーションを行

このような順番で、セール価格の決定をしていきます。上記の項目で注意すべき点を以下述べていきます。

1. 6月の売上シミュレーションを単品ごとに行い、6月時点末在庫数の予測を算出

→まずは、商品品番数が多いが組織は、単品ごとに売上シミュレーションを行う!ということが困難である筈です。ですが、このブログでもいつもお伝えしているように、在庫の質を見極めるルールが、しっかりとなされていれば、困難さが軽減される!ということを覚えておきましょう。
このことで重要なのは?過去データの傾向・癖をしっかりと活用することです。手法は、私の別の連載の”商品の追加発注はどうしたら良いの?”という手法と基本的に考え方は、同じになりますので、下記参照してください。(今回のシミュレーションは、6月10日前後という設定ですから、ある程度精度の高い6月の売上シミュレーションが可能な筈です)

商品の追加発注について考えよう①

 

2. 6月末の在庫数と6月売上点数を基に、在庫消化日数等を算出

→上記のシミュレーションが終わりましたら、6月の予測売上数。時点在庫数を基に、在庫消化日数を算出します。以下、数例を上げますと。。。

・商品① 6月の予測売上数100点。6月時点在庫数300点。300÷(100÷31)≒93日
・商品② 6月の予測売上数300点。6月時点在庫数200点。200÷(300÷31)≒20.7
・商品③ 6月の予測売上数500点。6月時点在庫数700点。700÷(500÷31)≒43.4日

このように、算出していきます。(但し、ホントのことをいうと、在庫消化日数の平均売上数の算出には注意が必要です。できれば喫緊の1日の平均売上点数を使用したい。下記の記事で確認してください)

商品分析について考えてみよう⑥

残りの3.~5.を述べると、ブログが長くなりすぎますので、今回のブログはここで終了とし、次回に今回伝えきれなかったことをお伝えしていきます。では、皆さま次回もよろしくお願いたします。

特別記事をアップしてますので、そちらも是非ご覧くださいm(._.)m

(特別記事)決算書類から各社の今後の仕入見通しを考察してみた

MSMD & Co.,Ltd
MSMD & Co.,Ltd Twitter
弊社への問い合わせ・仕事依頼はこちら

この記事をシェアする

RANKING POST

1

2020.07.07

大量生産と過剰供給は別物
2

2020.04.27

EC・通販専業ブランドも標準店舗の概念が必要なのでは?
3

2020.08.04

画面ばかり見てないで現実を見よ!

NEW POST

2021.10.19

自社商品を愛する精神がMDには必要?

2021.10.14

最近見た怪しいニュースの感想

2021.10.12

週別の気温の推移を知っておくと役立つ?

2021.10.08

vol.19 「細かすぎる」と言われる男の話

2021.10.04

「メール見てないんですか?」は地雷原。

CONTACT US

小売ビジネスに関するMD(品揃え政策)アドバイス・サポートを
ご希望の方はお気軽にお問い合わせください。

お問い合わせはこちら

TRADINGPERFORMANCE

取引実績

BEAMS(ビームス)
株式会社 聖林公司
株式会社 千趣会
繊研新聞社
株式会社ベイクルーズ
文化服装学院
株式会社Welleg(ウェレッグ)
無印良品
フィットネス市場
クリーデンス
株式会社コポ
株式会社StylePicks
株式会社ブリッツワークス
UNIVERSAL OVERALL
株式会社トラヤチェーン